名古屋会場

主催:アタックス・ビジネス・セミナー

  • 受付を終了させていただきました。

対象

経営責任者・財務担当役員

開催日時

2019/09/18(水) 13:30~15:30

開催場所

〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-4-10
名古屋クロスコートタワー8F
アタックスグループ名古屋事務所 セミナールーム
地図はこちら

コースNo.

G3_2019

海外進出企業の経営者は必見!「国税課税調査」の考え方、準備すべき書類例を解説します。

  • 国際税務調査対策セミナー|経営セミナーのアタックスグループイメージ
  • 国際税務調査対策セミナー|経営セミナーのアタックスグループイメージ
  • 国際税務調査対策セミナー|経営セミナーのアタックスグループイメージ
  • 国際税務調査対策セミナー|経営セミナーのアタックスグループイメージ

企業の国際化が進む中、ヒト・モノ・カネが国境をまたいで移動する事による国際取引が発生します。そこには「国際的な税金」の問題が必ずついてきます。国際取引において、どちらの国に税金を納めるかは、国税当局にとっては自国の税収に直結するため、大きな問題であり、自国の税収に直結するため、税務署も目を光らせています。したがって、国際化する企業にとって、国際税務の仕組みを理解することは非常に大切です。

近年では国際取引を中心に多額の否認事例も見受けられ、国内税務調査以上の事前準備が必要不可欠です。今回は、税務調査での否認事例を中心に調査官の考え方、準備すべき書類例を解説します。海外進出企業の経営者は必見です。

角谷 伸司

1968年生まれ。主に中堅・上場会社の法人顧問を担当し、クライアントの会計・税務問題解決に深く携わる。また、組織再編支援、事業承継支援などの実績も多数あり。国際税務では、税務調査で課題となる事案に関し見識を生かした対応が高く評価される。

セミナー内容

1.調査動向

(1) 最近の税務調査動向は?

2.国税局の取組

(1) 最近話題の、国際戦略トータルプランて何?
(2) 国際戦略トータルプランによる調査に影響はあるの?

3.調査官はここをみている

(1) 調査の前の準備はどうするの?
(2) 調査官は調査の前に何をみてるの?
(3) 調査官はどんな質問をしますか?
(4) 調査官が目指しているポイントは何ですか?

4.調査事例

(1) 調査官のターゲット取引はどんなの?
(2) どんな取引が否認されているの?
(3) 海外取引での否認事例はどんなの?
(4) どのような調査対応が必要なの?

5.調査対策

(1) 自社の値決めルールを整理しよう
(2) 自社の取引を整理しよう

お申し込み要領

定員
55名様
備考
最低催行人数:5名
天災、人災、動乱、または講師の急な疾病等不測の事情により休講または中断する場合があります。予めご承知おきくださいますようお願い致します。
※駐車場がございませんので、大変恐縮ですが、公共機関にてお越しくださいますようお願い致します。
※本セミナーは一般企業向けのため、弊社と同業・類似業の方のお申込みはお受けできませんのでご了承ください。
お問い合わせ先
アタックス・ビジネス・セミナー事務局
名古屋会場 TEL 052-586-8829

セミナー受講料

特別会員
3名様までお一人 無料
4名様からはお一人 5,500円(税込)
メルマガ会員
5,500円(税込)
一般
7,700円(税込)

受講者の声

  • 受付を終了させていただきました。