The Attax Wayービジョン

The Attax Way-ビジョン

「社長の最良の相談相手」として日本一になる

この「ビジョン」は、先に述べた「使命」を遂行する上で、私たちがめざす姿を簡潔に表したものです。私たちの仕事の「目指す姿」は、この言葉にすべて集約されています。
この言葉は、私たちの社内でもよく使われますが、ここで大切なことは、
「日本一の社長の最良の相談相手」になるのは、アタックスグループという人間の集合体(チームとして)だということです。
私たちは、個々人の能力を超えた、最高の感動サービスを提供することをめざしています。このことは、チームだからこそ果たし得ることです。
私たち一人ひとりが様々な知識やスキルを身につけ、最良の相談相手をめざすマインドは尊いことです。しかし、最高品質のサービスを、すべて自分一人で提供できるわけではありません。つまり広い視点でお客様のニーズに向き合えるチームプレーの手順を踏むことが大切なのです。
ビジョン
私たちの仕事は、お客様の経営課題を正しく認識するところから始まります。それには、お客様から「核心の話」を聴き出す力が必要です。それには、まずお客様と信頼関係を構築する必要があります。お客様とのこれまでのお付き合いの経緯や課題の緊急度など、信頼関係構築に必要な要素には様々なものがありますので、経験の浅いコンサルタントには必ず上司が同行して、着実に成長できるよう指導します。
経営課題は、解決までの期間から、大きく、短期、中期、長期に分類できますが、最初は、渾然一体としたものとして現れてきます。これを分析・整理し、優先順位をつけ、具体的な問題解決のフェーズに入った段階で、各分野の専門家をアサインすることになります。
つまり、全体像を正しく掌握し、優先順位などを考慮して必要な手順を決め、次に必要とされる専門サービスを順次適切に提供し、問題解決してはじめて、真に社長の相談に乗ったことになるのです。
そのためには、まず常日頃から状況を正しく診断し、チームを組成して、社長の相談に乗ることが重要です。必要に応じて、弁護士等外部の専門家を活用すべきこともありますが、それは、経営課題を整理する中で明らかになります。

このチームワークの思想は、”The Attax Way” に一貫して流れているものであり、同様の記載が随所にあります。

→価値観

“TheAttaxWay ご紹介”へ

ページ上部へ戻る