カテゴリー:税務

  • 国税局による申告事績・調査事績概要~申告漏れ所得の増加

    国税局より、令和元年10月に「平成30事務年度法人税等の申告(課税)事績の概要」(以下、申告事績という)が、また、11月に「平成30事務年度法人税等の調査事績の概要」(以下、調査事績という)が発表されました。 これ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 令和元年、国際課税が変わります!~タックスヘイブン課税リスクの対処法

    近年、経済社会がますます国際化している中で、日本企業の健全な海外展開促進や租税回避の効果的な対応のため、またBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトの進展などにより、国際的な租税回避行為に対する規制が強化されています。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ご注意!個人の租税回避、申告漏れ~タックスヘイブン対策税制の個人への適用~

    タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)については、折に触れてこの時流解説でもお伝えしています。 今回は、このタックスヘイブン対策税制の個人への適用について触れたいと思います。 タックスヘイブン対策税制とは…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 全額損金可能な節税保険にメス!~国税庁の通達意図とその影響

    国税庁は今年に入り、いわゆる節税保険の法人税法上の取り扱い(通達)の抜本的な見直しを公表しました。 2月13日の夕方に国税庁の担当者から生保各社に通達見直しが伝えられ、それを受け生保各社は14日以降全額損金計上(以…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中小企業の生産性向上を後押しする税制延長!~「経営力向上計画」の活用

    平成31年度税制改正法が3月29日付けで公布されました。 平成31年3月末が適用期限であった中小企業経営強化税制(※)については、 令和3年(2021年)3月31日まで延長されました。 中小企業にとっては、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 40年ぶり民法大改正の要点解説~「配偶者居住権」の創設~

    平成30年7月、実に40年ぶりに民法が改正され、平成31年1月から順次施行されることになりました。本改正によって見直された項目は以下の6つです。 1.配偶者の居住権の保護 2.遺産分割等の見直し 3.遺言制度…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大転換期の中国経済!~実態から見えてくるビジネスチャンスとは!

    米中貿易問題の影響などで景気先行きが懸念される中国経済。先日発表された2018年GDP成長率は6.6%でした。第四四半期に限れば6.4%の低水準となりました。 また、良くも悪くも景気を牽引してきた不動産が低迷してお…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自社株の課題解決における3つの鉄則!~後悔しないために押さえておきたいこと~

    昨年12月に平成31年度税制改正大綱が公表されました。 「個人事業者」の事業承継を促進するための納税猶予制度創設 平成30年度の自社株式にかかる事業承継税制の特例制度に続き、今回は、個人事業者の事業承継を促…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 消費税率引き上げまで、あと一年!~今さら聞けない消費税の仕組み解説!

    いよいよ来年2019年10月に消費税率が現行の8%から10%に引き上げられることになりそうです。 景気状況などを考慮し、その引き上げ時期については何度か延長されてきましたが、安倍首相は先日の臨時閣議で予定通りに実施…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 海外子会社に絡むそのお金!寄付金かも?~最近の税務調査事例より~

    最近の税務調査では、国外関連者との取引が寄付金と認定され、課税される指摘が多くなってきています。 「国外関連者に対する寄付金」は、通常の寄付金のように損金に算入できる限度額はなく、全額が損金不算入で課税の対象となってしま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 米中貿易問題の影響などで景気先行きが懸念される中国経済。先日発表された2018年GDP成長率は6.6…
  2. 昨年12月に平成31年度税制改正大綱が公表されました。 「個人事業者」の事業承継を促進するた…
  3. 配偶者居住権とは 2018年7月、40年ぶりに民法が改正され、「配偶者居住権」が創設されること…
ページ上部へ戻る