カテゴリー:税務

  • 自社株の課題解決における3つの鉄則!~後悔しないために押さえておきたいこと~

    昨年12月に平成31年度税制改正大綱が公表されました。 「個人事業者」の事業承継を促進するための納税猶予制度創設 平成30年度の自社株式にかかる事業承継税制の特例制度に続き、今回は、個人事業者の事業承継を促…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 消費税率引き上げまで、あと一年!~今さら聞けない消費税の仕組み解説!

    いよいよ来年2019年10月に消費税率が現行の8%から10%に引き上げられることになりそうです。 景気状況などを考慮し、その引き上げ時期については何度か延長されてきましたが、安倍首相は先日の臨時閣議で予定通りに実施…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 海外子会社に絡むそのお金!寄附金かも?~最近の税務調査事例より~

    最近の税務調査では、国外関連者との取引が寄附金と認定され、課税される指摘が多くなってきています。 「国外関連者に対する寄附金」は、通常の寄附金のように損金に算入できる限度額はなく、全額が損金不算入で課税の対象となってしま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 海外子会社取引で寄付金課税を受けないために~見えざる課税リスク!

    近年、経済社会がますます国際化している中で、「パナマ文書」、「パラダイス文書」の公開やBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトの進展などにより、国際的な租税回避行為に対して、世の中の関心が高まってきています。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 百害あって一利なし!~税務調査の実態と絶対に避けたい重加算認定

    会社経営をしていると税務調査を避けて通ることはできません。 皆様の会社も何年かに一度の周期で経験されていると思います。 国税庁が発表している前事務年度の情報では、約286万社の申告件数のうち、実際の調査件数は約…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 税務リスクへの対応方法~メルカリ消費税1億円申告漏れに学ぶ

    先日、新聞を読んでいて下の記事に目がとまりました。 フリーマーケットアプリ大手のメルカリ(東京・港)が東京国税局の税務調査を受けて、2016年6月までの2年間で、約1億円の消費税の申告漏れを指摘されたことが30日、関係…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中国ビジネスに好影響?~相次ぐ減税策が意味するもの

    中国では最近、相次いで減税策が打ち出されています。 中国に出張すると景気が落ち込んでいるようには思えませんが、国際貿易を取り巻く環境変化に対する事前策なのかもしれません。 主な減税政策をご紹介します。 中国…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 改正タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)適用迫る~巨額な税負担の可能性も?

    タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)とは、日本の親会社が税率の低い、あるいは税金のかからない国にある関係会社を通じて租税回避を行うことを防止する制度です。この税制が適用されると、外国関係会社の所得が親会社の株式…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自社株評価が変わります!~税制改正による影響と対策

    (2019年10月追記:平成31年度の税制改正が発表されましたが本記事の内容については変更はありません。自社株評価については『上手な事業承継のポイント』でも詳しく解説していますので、こちらもあわせてお読みください。) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成30年度税制改正大綱より~ますます強まるサラリーマンの増税

    平成30年度税制改正大綱が公表されました。 個人の課税については、減税策として基礎控除が10万円引上げられる一方、給与収入850万円超の給与所得控除額に上限を設けています。 ここ数年の税制改正では、高所得の給与所得者課税…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 配偶者居住権とは 2018年7月、40年ぶりに民法が改正され、「配偶者居住権」が創設されること…
  2. API
    働き方改革の前に業務改善 4月から改正労働基準法が施行され、社員の労働時間管理に係る社会的な関…
  3. 2018年6月29日に下記の3つを柱とした働き方改革関連法(正式名称:働き方改革を推進するための関係…
ページ上部へ戻る