スッキリ解決!税のもやもや

わかりにくい税金のもやもやをスッキリ解説!

未分類

「賃貸不動産」を相続した場合の注意点~「相続税」はかからないけど「所得税」はかかる?

投稿日:2023年8月29日 更新日:

近年、ワンルームマンション等の比較的少額な賃貸不動産に投資をしていた人が亡くなり、その相続人が相続税の相談に来られるケースが増えてきました。

いわゆる投資系のサラリーマン大家の相続は、地主系の大家の相続と異なり、相続税がかからないケースがあります。

今回は投資系のサラリーマン大家の「賃貸不動産」を相続した場合の「相続税」と「所得税」についての留意点をお伝えします。


 

1.「相続税」がかかる人・かからない人

両親や夫が亡くなり、その亡くなった人(被相続人)が所有していた財産を、妻や子が引き継ぐと、財産を引き継いだ人(相続人)は、その財産の評価額に応じて「相続税」が課税されます。

相続人が引き継いだ課税対象の財産の評価額を個々に算出し、その合計が相続税の「基礎控除額」を超える場合は「相続税」が課税されますので、相続税申告をする必要があります。

これに対して、「基礎控除額」以下である場合は、「相続税」が課税されず、相続税申告をする必要はありません。

【基礎控除額】
基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の総数)
(例)法定相続人が妻と子供3人 ⇒ 3,000万円+600万円×4=5,400万円

 

2.「相続税」申告不要でも、「所得税」の申告・納税をする必要がある人

ただし、引き継いだ財産に「賃貸不動産」が含まれている場合、「相続税」が課税されなくても、「所得税」の申告・納税をする必要があります

① 被相続人の所得税の申告(準確定申告)

所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について計算し、その所得金額に対する税額を算出して翌年の 3月15日まで(注)に申告・納税する必要があります。

しかし、年の中途で死亡した人の場合は、相続人が、1月1日から死亡した日までに確定した所得金額および税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告・納税をする必要があります。これを準確定申告といいます

なお、相続人が2人以上の場合は、各相続人等が連署により準確定申告書を提出することになります。(ただし、他の相続人等の氏名を付記して各人が別々に提出することもできます。この場合、当該申告書を提出した相続人等は、他の相続人等に申告した内容を通知しなければなりません。)

(注)1月1日から3月15日までの間に死亡した場合は注意!
確定申告をしなければならない人が翌年の1月1日から確定申告期限(原則として翌年3月15日)までの間に確定申告書を提出しないで死亡した場合は注意が必要です。
この場合の準確定申告の期限は、前年分、本年分とも相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告・納税をすることになります。

 

② 相続人の所得税の確定申告(相続人が1人の場合)

つぎに、相続人の所得税申告について見ていきましょう。
繰り返しとなりますが、引き継いだ財産に「賃貸不動産」が含まれている場合、その家賃収入については所得税がかかります。

財産を引き継いだ相続人が1人の場合は、被相続人の亡くなった日の翌日から12月31日までの間に生じた所得について計算し、その所得金額に対する税額を算出して翌年の 3月15日までに確定申告・納税をする必要があります。
 

③ 相続人の所得税の確定申告(相続人が2人以上の場合)

相続人が1人の場合は、上記②のようにシンプルなものとなります。
しかし、相続人が2人以上いる場合は、誰がどの財産を引き継ぐのか決める必要があります。
 

(イ)遺言書がある場合

遺言書により財産を引き継いだ相続人が、被相続人の亡くなった日の翌日から12月31日までの間に生じた所得について計算し、その所得金額に対する税額を算出して翌年の 3月15日までに確定申告・納税をする必要があります。
 

(ロ)遺産分割協議書による場合(遺言書がない場合)

過去の最高裁判決の判例に従うと、未分割の期間中に生じた所得は、相続人全員が法定相続分に応じて被相続人の亡くなった日の翌日から遺産分割協議が成立した日の間に生じた所得について計算し、その所得金額に対する税額をそれぞれ算出して翌年の 3月15日までに確定申告・納税をする必要があります。

また、遺産分割協議により財産を引き継いだ相続人は、被相続人の亡くなった日の翌日から遺産分割協議が成立した日の間に生じた所得だけでなく、遺産分割協議が成立した日の翌日から12月31日までの間に生じた所得についても計算し、それら所得金額に対する税額を算出して翌年の 3月15日までに確定申告・納税をする必要があります。
 

3.おわりに

今回は「賃貸不動産」を相続した場合の「相続税」と「所得税」についてお話しました。

今回の事例のように、「〇〇税」はかからなくても「××税」はかかるというケースは、税金の世界では珍しいことではありません。一つの事象に対して、複数の税金がかかるということを理解いただき、皆さんが税金に興味を持ってくだされば幸いです。

本記事の執筆者
執筆:アタックス税理士法人 税理士 土屋 裕志
監修:アタックス税理士法人 税理士 武田 太一

-未分類
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

所得控除の基本(4)~寄付金控除、雑損控除とは?

所得控除の基本(3)に続き、 以下の所得控除のうち、 1.基礎控除 2.配偶者控除(配偶者特別控除を含む) 3.扶養控除 4.勤労学生控除 5.寡婦控除・ひとり親控除 6.障害者控除 7.医療費控除 …

外貨預金で海外不動産を購入したら税金がかかる?~為替差損益に伴う雑所得

日本の居住者(個人)が保有する外貨預金(例えば、ドルなど)を日本円に転換した場合、又は他の外国通貨と交換した場合には、為替差損益を雑所得として認識する必要があります。 ここでは、保有する外貨預金を払い …

教育資金を贈与した場合には税金がかからない?

昨今の少子化により1人の子供に対してかけられるお金が増えていることで、子供に、孫に、よりよい教育を受けさせたい、そう考える人は多いと思います。 同時に、少しでも教育資金を援助したいと思う人も少なくない …

副業で、消費税を納めなければならない場合とは?

2019年10月に迫った消費税増税に向けて、軽減税率の導入やポイント還元制度の導入などが話題になっています。 消費税は殆どの場合にかかりますので、住宅や車など高価な物を買う時には特に意識されると思いま …

コロナ対策でもらえるお金、事業者向けの給付金は課税されるワケ

新型コロナウィルス感染症の拡大により、個人や、業績が大きく悪化した企業向けにさまざまな給付金の制度があります。 今回の新型コロナウィルス対策でもらえるお金のうち、主なものは次の4つです。 国民1人あた …