カテゴリー:会計

  • 経営分析を正しく行うために~税務会計ではなく、会計原則に従い決算書を作成する

    正しい経営分析を行うためには決算書が会計原則に準拠して正しく作成されていることが大変重要です。 「税務会計では経営判断を誤る」で書いたように、多くの中小企業は税務会計中心の会計を行っています。 税務会計中心の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 借入金の返済余力~借入金月商倍率・自己資本有利子負債比率・債務償還年数

    借入金の返済余力をみる 銀行からの借入金に対する返済余力を見るのには、債務償還能力を示す指標をつかいます。 これにより、銀行からどの程度の信用があるのかを自己判断することができます。 債務償還能力をみる指標とし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 損益分岐点(損益分岐点比率・経営安全率)で売上減少への耐久力を分析する

    損益分岐点はどんなときに使うのか? 損益分岐点分析を利用することで、将来なんらかの事情で売上が減少した場合に、「どの程度までの売上の減少なら会社が赤字を出さないで経営ができるか」を判断することができます。 利…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 成長性の分析~売上高増加率・営業利益増加率・1人当り付加価値増加率・自己資本増加率

    成長性の指標とは 成長性の指標では量的な指標と質的な指標が考えられますが、中小企業では量的な成長性指標よりも、質的な成長性指標がこれからは重要となってくるでしょう。 今後日本は、経済全体としては量的拡大は望めませ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人材の生産性~1人当り付加価値・1人当たり人件費・労働分配率

    生産性とは? 生産性は、ヒト、モノ、カネ、情報という経営資源の中でとりわけ重要な経営資源である「人材の活用度」を分析するものです。 その目的は、人材の「付加価値」の獲得能力をチェックすることにあります。 「付加…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 安全性(その2)~固定比率・固定長期適合率

    「安全性(その1)~自己資本比率・流動比率・当座比率」からのつづきです。 (4)固定比率 固定比率=固定資産÷自己資本×100   固定比率は固定資産への投資額(つまり資金の運用)と自己資本との割合を示し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 安全性(その1)~自己資本比率・流動比率・当座比率

    安全性とは? 安全性は、貸借対照表の資金の運用状態を表す資産と、資金の調達源泉である負債(他人資本)・資本(自己資本)のバランスを見ることによって、会社が資金的に余裕を持って経営しているかどうかをチェックする指標で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 効率性(その2)~棚卸資産回転率(回転期間)・仕入債務回転率(回転期間)

    「効率性(その1)~総資本回転率(回転期間)・売上債権回転率(回転期間)」からのつづきです。 (3)棚卸資産回転率・棚卸資産回転期間 棚卸資産回転率(回)=売上高÷棚卸資産 棚卸資産回転期間(日数)=棚卸資…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 効率性(その1)~総資本回転率(回転期間)・売上債権回転率(回転期間)

    効率性の指標とは? 会社に投下された資本(自己資本と他人資本)は、生産、販売などの事業活動に投入され、売上によって回収されます。(図参照) 「効率性」は、このような資本の循環過程における資金の流れに問…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 収益性の分析(その2)~売上高営業利益率、売上高経常利益率、付加価値率

    「収益性の分析(その1)~売上高総利益率」からのつづきです。 (2)売上高営業利益率 売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100   売上高営業利益率は、「売上高」に対する、会社の本業から得られた「営業利…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 昨年12月に平成31年度税制改正大綱が公表されました。 「個人事業者」の事業承継を促進するた…
  2. 2018年6月29日に下記の3つを柱とした働き方改革関連法(正式名称:働き方改革を推進するための関係…
  3. 帝国データバンクから11月13日、「全国 後継者不在企業動向調査(2018年)」の結果が発表されまし…
ページ上部へ戻る