カテゴリー:会計

  • 成長性の分析~売上高増加率・営業利益増加率・1人当り付加価値増加率・自己資本増加率

    成長性の指標とは 成長性の指標では量的な指標と質的な指標が考えられますが、中小企業では量的な成長性指標よりも、質的な成長性指標がこれからは重要となってくるでしょう。 今後日本は、経済全体としては量的拡大は望めませ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人材の生産性~1人当り付加価値・1人当たり人件費・労働分配率

    生産性とは? 生産性は、ヒト、モノ、カネ、情報という経営資源の中でとりわけ重要な経営資源である「人材の活用度」を分析するものです。 その目的は、人材の「付加価値」の獲得能力をチェックすることにあります。 「付加…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 安全性(その2)~固定比率・固定長期適合率

    「安全性(その1)~自己資本比率・流動比率・当座比率」からのつづきです。 (4)固定比率 固定比率=固定資産÷自己資本×100   固定比率は固定資産への投資額(つまり資金の運用)と自己資本との割合を示し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 安全性(その1)~自己資本比率・流動比率・当座比率

    安全性とは? 安全性は、貸借対照表の資金の運用状態を表す資産と、資金の調達源泉である負債(他人資本)・資本(自己資本)のバランスを見ることによって、会社が資金的に余裕を持って経営しているかどうかをチェックする指標で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 効率性(その2)~棚卸資産回転率(回転期間)・仕入債務回転率(回転期間)

    「効率性(その1)~総資本回転率(回転期間)・売上債権回転率(回転期間)」からのつづきです。 (3)棚卸資産回転率・棚卸資産回転期間 棚卸資産回転率(回)=売上高÷棚卸資産 棚卸資産回転期間(日数)=棚卸資…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 効率性(その1)~総資本回転率(回転期間)・売上債権回転率(回転期間)

    効率性の指標とは? 会社に投下された資本(自己資本と他人資本)は、生産、販売などの事業活動に投入され、売上によって回収されます。(図参照) 「効率性」は、このような資本の循環過程における資金の流れに問…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 収益性の分析(その2)~売上高営業利益率、売上高経常利益率、付加価値率

    「収益性の分析(その1)~売上高総利益率」からのつづきです。 (2)売上高営業利益率 売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100   売上高営業利益率は、「売上高」に対する、会社の本業から得られた「営業利…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 収益性の分析(その1)~売上高総利益率

    収益性の分析とは、損益計算書の売上と費用と利益の状態を検討することによって、会社の利益獲得の力を判断しようとするものです。 収益性指標としては次のものが存在します。 (1) 売上高総利益率 (2) 売上高営業利…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 資本利益率でわかる会社の実力~ROA・総資本経常利益率・ROE

    会社の実力を総合的に評価する指標は、経営に投下した資金がどの程度効率的に運用され、利益を生み出しているかを示す「資本利益率」です。 ところで、資本利益率には次のような種類があります。 (1)総資本営業利益率(RO…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 経営分析の仕方~7つの項目から原因を発見する

    経営分析をおこなって見るべき指標 経営分析と一口に言っても、色々な指標があります。 経営分析の仕方を学ぶには、まず、経営分析の体系を理解する必要があります。 要約すると下図のようになります。 上記…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス・エッジ・コンサルティング
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 新型コロナウイルス感染症
    新型コロナウイルス感染症拡大による企業経営へのマイナス影響は計り知れません。 そこで、今回は新型コ…
  2. 財務省が12月2日に発表した2019年7~9月期の法人企業統計によりますと、金融業・保険業を除く全産…
  3. ITの話となると概念や横文字ばかりで難解ですが、今回はその中でも、特に経営者の皆様方におさえて頂きた…
ページ上部へ戻る