カテゴリー:事業承継

  • 事業承継税制の落とし穴~適用は慎重に!

    平成30年度税制改正で事業承継税制の特例の創設が盛り込まれました。 事業承継税制は中小企業の経営者の高齢化が急速に進む中、円滑な世代交代を推し進めるために平成21年度税制改正で創設されました。しかし、適用要件や手…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成30年度税制改正大綱~事業承継税制の拡充

    12月14日に平成30年度税制改正大綱が公表され一週間が経ちました。この間、経営者のみなさまから「事業承継税制」について非常に多くのお問い合わせをいただいておりますので、「大廃業時代の歯止めとなるか?~2018年度税制改…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大廃業時代の歯止めとなるか?~2018年度税制改正の事業承継税制

    最近、後継者がいないと悩まれているお客様からよく相談されるようになりました。 実際、新聞等の報道でも後継者難から廃業が増えていると伝えられており、その数は2025年までに130万社とも言われています。 日本の法人…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70代社長の6割後継者未定の現実!~着実な事業承継の鍵とは?

    中小企業庁は、後継者がベンチャー型事業承継などの経営革新等にチャレンジしやすい環境を整備するために、この7月に「事業承継5ヶ年計画」を策定しました。 これは、今後5年間で30万以上の経営者が70歳になるにもかかわ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成29年分 路線価の公表~ますます広がる不動産格差

    国税庁は7月3日に、平成29年分の路線価を公表しました。路線価は、土地の評価額を算出するにあたって、1平方メートル あたりの価格を決めたものです。 平成29年1月1日から12月31日までの相続や贈与の場合にこの価…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自社株式の株価水準ご存知ですか?~自社株承継はタイミングが重要!

    最近、経営者の方とお話しする中で感じるのは自社株を後継者に渡すことのお悩みがとても増えているということです。 これは、経営者の高齢化が一つの要因と考えられます。中小企業庁が10年ぶりに「事業承継ガイドライン」を改定し、ス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • “事業承継”から目を背けるな!~「まだ早い」では遅い中小企業の実態

    みなさんはご存知でしょうか?2017年4月に中小企業庁から「経営者のための事業承継マニュアル」が公表されました。 マニュアルによりますと、60歳以上の経営者の50%が「廃業を予定している」とのことです。 これはとても大き…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 役員報酬・役員退職金の設計はこう考える!~経営者利潤獲得の考え方

    最近、経営者の方と話をしていますと、「売上も伸びてきて利益も出ているから役員報酬を増やそうと思うけど、報酬を増やしても税金と社会保険料で半分取られるから、損した気分になる」と仰ることがあります。 所得税の納税、社会…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 財産承継の進め方~総合的・計画的に対策を立てる

    相続税対策による孫の養子縁組にかかる最高裁の判決が出ました。 当事者間に縁組をする意思がないとして、養子縁組の有効性が争われましたが、節税目的の養子縁組であっても直ちに無効とは言えないとする判断が下りました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 事業承継に有効な自社株対策

    事業承継に着手する最適年齢60歳~中小企業庁ガイドラインより

    皆さんは、12月5日に中小企業庁のホームページに「『事業承継ガイドライン』について」という記事が掲載されたことはご存じでしょうか? 平成18年に事業承継協会より発表された「事業承継ガイドライン」を現状に合わせた形…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 昨今、働き方改革が叫ばれています。この働き方改革が行きつく先はどこなのだろうと、最近いろいろと考えま…
  2. タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)とは、日本の親会社が税率の低い、あるいは税金のかからな…
  3. 11月10日、金融庁が今年度の金融行政方針を公表しました。恐らく、一般の方の興味を殆どひかないでしょ…
ページ上部へ戻る