「結果を出すクセ」をつける、たった1つのポイント

私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントです。私も部下たちも、結果を出すことにトコトンこだわって現場指導に入ります。

10年以上も「絶対達成」にこだわりながら仕事をしていると、当然のことながら結果を出す人と、結果を出せない人の「クセ」がよくわかってきます。 ネットで検索したり、いろいろな書籍で確認すると、結果を出す人は

● 自己肯定感が高い
● 失敗を楽しんでいる
● 行動力がある
● モチベーションが高い
● 家族も大切にする
● 自己投資を怠らない
● 体を鍛えている

……このように書かれています。

確かに、結果を出す人は、自己肯定感が高いし、失敗を楽しんでいるし、行動力があるし、モチベーションが高いし、家族も大切にするし、自己投資を怠らないし、体を鍛えている気がします。

ただ今回は、このようなつかみどころのない抽象的な言い回しではなく、確実に「結果を出すクセ」をつける方法をご紹介します。私どもが実際に現場で指導しているやり方です。

その方法とは――元も子もない書き方になってしまいますが――「結果を出すクセ」をつけるには、とにかく結果を出すことです。 繰り返しますが、とにかく結果を出すのです。結果が出るまで繰り返すのです。頭ではなく、体に覚えさせます。「結果を出す」クセを体に叩きこむのです。

学校の試験対策で考えたらわかりやすいでしょう。たとえば中学校の英語の試験が100点満点の50点だったとします。この場合、なぜ50点しかとることができなかったのか、反省して勉強しなおすことが大切です。 間違えた部分だけを勉強しなおしても実力はつきません。それでは、同じ範囲で違う問題を再試験された場合、100点をとることはできないでしょうから。

また同じぐらいのテンションで試験勉強をし、再び試験を受けます。同じ試験範囲なのに、同じように50点だったら、勉強の見直しがまったくできていないことになります。同じ試験範囲なのですから、再び同じテンションで勉強したら、おそらく50点よりはいい点数をとることはできるでしょう。

これを繰り返し、100点になるまで続けます。 同じ問題を繰り返し100点をとるまでやり続けるのではなく、同じ試験範囲の勉強を100点をとるまでやり抜くのです。

ビジネスでも、これと同じような発想でやります。

たとえば上司から提案書を書いてくれと言われても、上司の期待通りにできあがらなかったとします。 何度も書きなおし、上司の期待どおりの提案書を作成するのはあたりまえですが、それだけでは「結果を出すクセ」はつきません。別の提案書でも、上司の期待どおりに一発で仕上げなければならないのです。

また、上司から「A商品の紹介をして」と言われ、上司の期待どおりに紹介できなければ、何度でも繰り返しトレーニングして、期待どおりの商品紹介ができるようにしなければなりません。 しかし「A商品」の紹介はできても「B商品」の紹介はできない。「Cサービス」の商品もまるでダメだし、会社の紹介もできない。自分の自己紹介もできないのでは「結果を出すクセ」がついたとは言えません。

繰り返しますが、間違えた箇所だけ修正していると、言われたことだけをやるクセがついてしまいます。 これでは「工夫」が足りません。「考える力」……いや、「考え抜く力」が足りていないと言ってもいいでしょう。 考えて、考えて、考え抜くクセをつけるのです。

一つのパターンのみならず、別のパターンでもできるようにならなければなりません。ある条件でできたのなら、少し条件に変化があっても同じように結果を出せなければならない。このような思考のクセをつけるべきです。

「早起きするクセ」がついた人は、自宅だけでなく、出張先でも旅行先でも早く起きるのです。 「名前を覚えるクセ」がついた人は、山田さんの名前も、田中さんの名前も同様に覚えるのです。木村さんの名前は覚えられるが、高橋さんの名前は覚えづらい、そんなことはありません。

このように「結果を出すクセ」をつけるためには、結果が出るまで何度でもトライすることです。同じ条件のものは当然のことながら、同じような範囲、パターンのものも、あるべき姿にいたるまで、自分で考え抜いて、ひとりで結果を出すのです。 自己肯定感が高いとか、失敗を楽しんでいるとか、行動力があるとか、モチベーションが高いとか、家族を大切にしているとか、自己投資を怠らないとか、体を鍛えているとか……そういうこととは別次元の発想、努力が必要です。

大変そうに思えるかもしれませんが、一度「結果を出すクセ」を身に付けたら、人材としてのマーケットバリュー(市場価値)は飛躍的にアップし、どこへ行っても通用する人材になることは間違いありません。 どんなことでも「結果を出すクセ」を身に付けていきましょう。

筆者紹介

株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ 代表取締役社長 横山 信弘
企業の現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。支援先は、NTTドコモ、ソフトバンク、サントリー等の大企業から中小企業にいたるまで。3大メガバンク、野村證券等でも研修実績がある。企業研修は、基本的に価格がつけられず「時価」。にもかかわらず、研修依頼はあとを絶たない。現場でのコンサルティング支援を続けながらも、年間100回以上の講演実績は6年以上を継続。
ベストセラー「絶対達成シリーズ」の著者であり、メルマガ「草創花伝」は3.7万人の経営者、管理者が購読する。コラムニストとしても人気で、日経ビジネスオンライン、Yahoo!ニュースのコラムは年間2000万以上のPVを記録する。
著書『絶対達成マインドのつくり方』『「空気」で人を動かす』など著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。
アタックス・セールス・アソシエイツ オフィシャルサイト
横山信弘の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 12月14日に平成30年度税制改正大綱が公表され一週間が経ちました。この間、経営者のみなさまから「事…
  2. 先日、あるご支援先の社長様から次のようなご相談がありました。 「活躍を期待していた若手社員から突然…
  3. 政府が今国会での成立を目指している働き方改革関連法案には以下の3点に関する法改正が盛り込まれています…
ページ上部へ戻る