名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~18:00)

M&A・MBO

M&A・MBOは承継問題解決の一手にも!数字に表れないリスクも見抜き、社長の思いが反映されたM&A・MBOを実現。

アタックスグループは、M&A・MBOの実行に関して全面的にサポートしております。

事業承継の場面で例えてご説明します。現社長からすれば、わが子のように大切な自社は、本来は身内に引き継いでもらいたい、と望んでおられる社長が大多数です。しかし最近は、身内が承継するケースが減ってきています。そんな場合はどうすれば良いでしょうか。

会社を廃業するという選択は、社会的損失であり、また従業員が路頭に迷ってしまいます。身内が承継しないのであれば、従業員や第三者に事業を引き継いでもらう、という選択肢もあります。この従業員に引き継いでもらうという方法が、MBO(Management By Out)であり、第三者に引き継いでもらう方法が、M&A(Merge & Acquisition)です。

M&Aを選択された場合は、買い手候補を探すところから始まり、最後の売却時に資金をオーナーの口座に入れるところまでを、アタックスグループはサポートしています。

買い手候補を探すと言っても、いろいろな切り口があります。
売主からすれば、

  • とにかく手取りを増やしたい。
  • 従業員の雇用を守りたい。
  • 秘密に動きたい。

など、理由は様々あります。私どもは売主の皆様の希望を丁寧に聞きながら、優先順位をつけ、ご納得いくまで伴走します。それ故に、不動産取引のように売主・買主から同時に不仲介手数料はいただきません。クライアントが、会社売却を検討した際、売主様から報酬をいただき、買主様からは報酬はいただきません。

M&Aサポートでは、上述のように売り手側のサポートだけではなく、買い手側のサポートもいたします。買い手側のサポートは、同様に買主ニーズを丁寧に聞きながら、買収対象先を探すことから始まり、買収先の調査(本当に買収に値する会社かどうか)、買収する場合はいくらで買収すべきか、買収するためにはどのような点に注意すべきか…等に至るまであらゆる場面でサポートいたします。

また、MBOは、苦楽をともにした従業員に事業を渡すプロセスです。別な言い方をすれば、従業員によるM&Aです。この場合、通常のM&Aのサポートだけでなく、従業員が会社を買収できるよう買収資金の調達も重要になってきます。一般的に、従業員には会社を買収する資金を持ち合わせていないことが多いため、その資金調達に関しても、サポートさせていただきます。

M&A・MBO支援サービス概要

M&Aというのは、本質的には事業の売買です。その事業を売りたいという人と買いたいという人がいて初めて成立します。売りたいという理由には、後継者がおらず事業を引きついでくれる者がいない、あるいは、事業の選択と集中という観点から本業以外の事業を売却したいなどがあります。特に後継者がおらず、事業を既存の従業員に譲り渡すことをMBOといいます。

M&Aに対して社会的なアレルギーはなくなってきています。むしろ、社会的な公器として出来上がってしまった事業をより成長させてくれる人に委ねることは、社会的な意義が高いといえます。アタックスグループはこれらM&A・MBOに関して、中堅、中小企業の皆様のフルサポートをさせていただきます。

MA01
 

アタックスのM&A・MBO支援内容

アタックスは、M&AまたはMBOの実行にあたり、以下の支援を行います。

(1)企業概要の実態把握

どんな会社か、実態把握をします。
どんなリスクが顕在または潜在しているかを分析します。

(2)企業の評価

当該企業を金額的に評価するとすればどの程度かを分析します。

(3)M&Aの方法の検討

その具体的な方法を検討します。
必要に応じて、外部の投資家を招聘することも可能です。

(4)当該案件の交渉戦略を立案します。場合によっては、代理交渉を行います。

 

アライアンス(企業提携)も重要なM&Aの選択肢

例えば、貴社が公開を目指した場合、企業規模等の観点から公開までに相当な時間を要するケースがあります。このような場合は、同規模の同業者と手を組み規模を2倍にするスキームがあります。つまりある一定のスキームで組織を統一することにより、公開までの時間を飛躍的に短縮することができます。また、公開を志向しない場合でも、業界地位を確保するため、同業者との協同関係(アライアンス)を構築するということが勝ち組企業のM&A戦略として考えられます。

但し、アライアンスを組むということは、単独で事業展開をしていたときに比べて、何かと制約項目が多いのも事実で関係者間の十分な協議が大切です。

アタックスグループは、このアライアンス組成に関しても、導入から実行まで経験豊富なコンサルタントが伴走させていただきます。

アライアンスを活用した事例

概要:
小売業界の非上場会社3社が経営統合し、株式公開へ

ポイント:

  1. 業界における生き残り戦略(全国チェーンへの対抗策)
  2. 持株会社による株式公開(IPO)
  3. 持株会社の商品一括仕入による価格交渉力アップ
  4. 持流・経理・教育等の間接業務一本化による経費削減

手法:
持株会社・各社との株式交換によるグループ化 (図ご参照)

mamo2

アタックスグループは、クライアントのニーズを丁寧に根気よく聞きながら、もっとも最適なプランをご提案させていただき、アクションプランの作成から実行までをお手伝いさせていただきます。

NEXT >
ご相談・お問い合わせ

経営相談このサービスについてもう少し詳しく話を聞きたい、あるいは、相談したいことがある、というお客様は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください(ご相談は初回無料)。 秘密保持に関する念書」を御社に差入れ後、ご相談を承ることも可能です。

会社説明会受付中