カテゴリー:会計用語集

  • キャッシュフロー増大策を考えてROAを高める

    「キャッシュフロー経営の本質とは?」で、本業からのキャッシュフローを獲得することを第一に考えて経営を行うことが何よりも重要であることを述べました。 そして、「少ない資産(資金)でより多くの利益を稼ぎ出すこと(ROA…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ROA(総資本営業利益率)に着目!

    「資本利益率でわかる会社の実力~ROA・総資本経常利益率・ROE」でも述べましたが、会社の経営が長期的観点からみて順調であるかどうかを総合的に判断する指標は、経営に投下された資金の運用効率を示す「資本利益率」です。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キャッシュフロー増大策を考える(その2)

    「キャッシュフロー増大策を考える(その1)」からのつづきです。 次に、キャッシュフローを増やす上で忘れてはならないことは、貸借対照表のスリム化への取り組みです。 貸借対照表をスリム化する方法(体系図付き) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キャッシュフロー増大策を考える(その1)

    キャッシュフローを増やすために会社は何をすべきかを考えてみましょう。 営業活動によるキャッシュフローで何をすべきか? キャッシュフローを増やすには、まず「営業キャッシュフロー」を増やす工夫をしなければなりませ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キャッシュフロー計算書の見方

    3つのキャッシュフローで見る 「キャッシュフロー計算書」には、 ・営業活動によるキャッシュフロー ・投資活動によるキャッシュフロー ・財務活動によるキャッシュフロー   という3つのキャッシュフローの形で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キャッシュフロー経営の本質とは?

    なぜキャッシュフローが大切なのか? 健全経営を行うために経営者が着目すべきことはキャッシュフローです。 損益計算書の上では利益が出ており、税金を支払わなければならないが、さて現金(キャッシュ)がない。しかたがない…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 経営分析を正しく行うために~税務会計ではなく、会計原則に従い決算書を作成する

    正しい経営分析を行うためには決算書が会計原則に準拠して正しく作成されていることが大変重要です。 「税務会計では経営判断を誤る」で書いたように、多くの中小企業は税務会計中心の会計を行っています。 税務会計中心の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 借入金の返済余力~借入金月商倍率・自己資本有利子負債比率・債務償還年数

    借入金の返済余力をみる 銀行からの借入金に対する返済余力を見るのには、債務償還能力を示す指標をつかいます。 これにより、銀行からどの程度の信用があるのかを自己判断することができます。 債務償還能力をみる指標とし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 損益分岐点(損益分岐点比率・経営安全率)で売上減少への耐久力を分析する

    損益分岐点はどんなときに使うのか? 損益分岐点分析を利用することで、将来なんらかの事情で売上が減少した場合に、「どの程度までの売上の減少なら会社が赤字を出さないで経営ができるか」を判断することができます。 利…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 成長性の分析~売上高増加率・営業利益増加率・1人当り付加価値増加率・自己資本増加率

    成長性の指標とは 成長性の指標では量的な指標と質的な指標が考えられますが、中小企業では量的な成長性指標よりも、質的な成長性指標がこれからは重要となってくるでしょう。 今後日本は、経済全体としては量的拡大は望めませ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 帝国データバンクから11月13日、「全国 後継者不在企業動向調査(2018年)」の結果が発表されまし…
  2. 中小企業のM&Aにおいては、株主と経営者が同じオーナー経営の会社が多く、M&Aの際にお金のもらい方相…
  3. 2018年6月29日に下記の3つを柱とした働き方改革関連法(正式名称:働き方改革を推進するための関係…
ページ上部へ戻る