組織の最大問題は、「困っていること」と「問題」を混同していること

私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントです。企業の単年度の予算、3~5年など中期経営計画の達成を目的に現場で指導するのが仕事です。

予備校や資格試験学校の講師と似ています。目的は受講者の「合格」。受講者が試験日までに、その試験に合格できるよう最大の支援をすることが講師の仕事。私たちがコンサルティングする際も、同様の意識で向き合っています。

したがって、できる限り「目標達成」以外に必要のないことに時間を費やしてもらいたくない。特に昨今は「時短」がキーワードです。組織の重鎮が集まって何も解決しない会議を延々としていたり、あってもなくてもいいようなメールを組織内でぐるぐる回覧しているのを見ると、いい加減やめてもらいたいと思います。

さてタイトルにもあるとおり、組織の最大の問題は、問題を問題として正しく捉えていないことです。 管理者研修をすると、すぐにわかります。多くの管理者たちは、

・組織の問題を解決する方法を知らない
・組織の問題を解決する方法は知っているが、なかなかうまくはかどらない

……で悩んでいます。 しかし、本人たちが認識している「問題」が、実は問題ではないことには意外に気付いていません。

「目標を絶対達成するうえで、あなたの組織が抱えている問題は何ですか?」と質問してみると、

「部下のモチベーションが上がらないことです」
「組織内のコミュニケーションが活発でないことです」
「営業スキルが足りないことです」
「情報共有が足りないことです」

……いろいろと出てきます。どれも本質をついた問題ではありません。単純に普段から「困っていること」「気になっていること」「目につくこと」を自分の視点で語っているだけです。

部下のモチベーションを上げたいから、コーチングの技術を学びたいと考えるマネジャーが後を絶ちません。営業力を上げるために、コミュニケーション研修や、プレゼン研修を受講し始める人も多いでしょう。情報共有を促進するための情報システムの導入を検討する企業も増えています。ちょっと気になったこと、困っていることを解決するために、ものすごく遠回りしている人がどれほどいるか。それを見極めることが重要です。

以前も、「製品に対するクレームがいっこうになくならない。どうすれば品質がアップするのか、ずっと社内勉強会をしている。相談に乗ってほしい」と言われ、その会社の会議に出席したことがあります。 製品の工程プロセスを確認し、現場で調査を繰り返せば問題の箇所を特定できるのに、

「現場の意識が足りない」
「もっと自主的にカイゼン活動に取り組んでほしい」
「どうすれば工員の意識を高められるか」
「工員の採用プロセスにこそ問題があったのでは」

……などと、どうでもいい議論を延々とやっているのです。それも半年以上もかけて、です。 みな、会社から給料という報酬をもらっている組織メンバーです。プロ意識をもって正しく問題を特定し、ピンポイントで解決しましょう。

大切なことは、組織の問題を正しく特定するプロセスにしっかり時間を費やすことです。会議を長々とやっていても、問題をとらえることなどできません。 現場に出て実際に目で見て確認し、はじめて問題が明らかになってくるものです。

これまでの私どもの経験上、特別な人の能力、特殊な仕組みが足りないことはほとんど関係なく、80%以上が以下の3つの問題に集約されます。

1)やるべきことを、やってない
2)やるべきことを、やるのが遅い
3)やるべきことを、やり続けていない

「実際にやっているのか」「スピーディにやっているのか」「決められたタイミングで常にやり続けているのか」は、ヒアリングでは明らかになりません。現場を知らない人が会議室で議論していても、見つからないのです。

問題は、組織メンバーの「困っていること」や「目につくこと」ではありません。問題を正しくとらえ、その解決策をキチンとやっているかに尽きるのです。複雑に考えすぎる人ほど、どうでもいい問題を大きく膨らませてしまいます。正しい手順で問題を特定し、シンプルに解決することが、特に今の時代は大切です。

筆者紹介

株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ 代表取締役社長 横山 信弘
企業の現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。支援先は、NTTドコモ、ソフトバンク、サントリー等の大企業から中小企業にいたるまで。3大メガバンク、野村證券等でも研修実績がある。企業研修は、基本的に価格がつけられず「時価」。にもかかわらず、研修依頼はあとを絶たない。現場でのコンサルティング支援を続けながらも、年間100回以上の講演実績は6年以上を継続。
ベストセラー「絶対達成シリーズ」の著者であり、メルマガ「草創花伝」は3.7万人の経営者、管理者が購読する。コラムニストとしても人気で、日経ビジネスオンライン、Yahoo!ニュースのコラムは年間2000万以上のPVを記録する。
著書『絶対達成マインドのつくり方』『「空気」で人を動かす』など著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。
アタックス・セールス・アソシエイツ オフィシャルサイト
横山信弘の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 昨今、働き方改革が叫ばれています。この働き方改革が行きつく先はどこなのだろうと、最近いろいろと考えま…
  2. 先日、アタックス社長塾の一流社長との徹底対話編に、昨年に引き続き、株式会社日本レーザーの近藤宣之社長…
  3. 11月10日、金融庁が今年度の金融行政方針を公表しました。恐らく、一般の方の興味を殆どひかないでしょ…
ページ上部へ戻る