名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~18:00)

経営財務顧問

経営財務顧問は経営判断・意思決定の強い味方です。経営財務顧問と共に毎月の試算表から”今打つべき手”を議論していきましょう。

血液検査で病気のほとんどがわかる時代。会社の血液である「資金の流れ」を知っていないと、会社も突然死の危険があることをご存じですか?

試算表が難解で利用できていない、月次決算が経営に活かされていないなど、中堅・中小企業の財務に関する悩みを解決できるのが経営財務顧問です。

弊社では、試算表の内容をビジュアル化した「経営財務三表」を使って、会社の利益構造がどうなっているのか、どこから資金が生み出され、どこに消えているのか、どのような手を打ち、その結果どうなるのかについて一緒に検討してまいります。
これは、社長が行う経営判断や意思決定に大きな武器となり、数字に裏づけされた経営を行うことができるようになります。また、数字と向き合うことで数字に強い社長や経営幹部になっていただけます。

経営財務顧問が御社で行うこと

数字に裏づけされた経営を行っていくためには、月次決算が非常に重要であると考えています。経営財務顧問では次の(1)~(3)の「経営財務三表」を使い、毎月社長と一緒に次に打つべき手を検討してまいります。
(1)利益改善図表
(2)経営キャッシュフロー計算書
(3)資金別貸借対照表
 
 

(1)利益改善図表

難しい損益計算書を図であらわすことにより直観的に理解しやすくしたものになります。
数字の羅列が面積(BOX)に置き換わると、抵抗感が消え去るから不思議ですね。
どこに手を打つと会社の損益がどのように変わっていくのか一目瞭然です。

会社を理想的な状態にもっていくためには、いくらの利益を必要とするのか。
また、その利益を獲得するためにはいくらの売上が必要なのか。目標が明確になります。

その目標を成し遂げるにはどのような方法が考えられるのか。
このように数字から戦略を導き、戦術を一緒に検討するということをこの図は可能としてくれます。

zaimu_03

~ 月次決算検討会で検討する切り口の例 ~
a. 借入金の年間返済額から必要経常利益を考えてみる
利益には税金がかかるため、税金負担を加味すると返済額の約2倍の経常利益が必要。
この経常利益を確保するために必要な売上は一体いくらになるのか。

b. 損益分岐点を引き下げるために固定費に着目する
不況を乗り越えるために損益分岐点を80%から70%に引き下げる (売上が20%減から30%減でも耐えられる状態を作る)ためにはいくら固定費を削減する必要があるのか。
 
 

(2)経営キャッシュフロー計算書

「利益は出ているけれど、いつも資金繰りが厳しい」という声をよく耳にします。
これは利益とキャッシュ(お金)のギャップを掴めていないためにおこるのです。
会計上の利益とお金は違う、としっかりと理解しなければなりません。

儲けたお金はどこへ消えてしまったのでしょうか。
お金の流れを把握する資料、それが経営キャッシュフロー計算書です。
利益を上げて喜ぶのではなく、利益を上げて、お金を残して喜びましょう。


~ 月次決算検討会で検討する切り口の例 ~
a. 当期純利益 → 経営フリーキャッシュフロー
会計上の利益とフリーキャッシュフローに大きな隔たりはないか。

b. 本業キャッシュフロー
本業キャッシュフローはしっかりと稼げているか。
売れば売るほど損をするという状態に陥っていないか。

c. 経営キャッシュフロー
儲けの範囲内で借入返済ができているか。

経営キャッシュフロー計算書はお金にまつわるたくさんの情報を社長に語りかけてきています。しっかりと聞いてあげてください。
 
 

(3)資金別貸借対照表

損益計算書は経営成績をあらわし、貸借対照表は財産状態をあらわします。
また、キャッシュフロー計算書はお金の流れをあらわします。

それぞれ特徴をもっていますが、1つだけではその会社の状況を明確に表すことができません。
損益計算書を見ると多額の利益を上げているが、キャッシュフロー計算書をみると資金繰りが厳しいということもよくあります。

このように2つの資料を組み合わせて見るのではなく、1つの資料だけで会社を見ることができるのが資金別貸借対照表です。

企業の活動を4種類(損益資金・固定資金・売上仕入資金・流動資金)の資金に区分し、どの活動によって資金が生れたのか一目で把握可能となります。
また、資金が寝てしまっている理由や、資金が不足している理由をわかりやすく伝えてくれる資料が資金別貸借対照表なのです。


~ 月次決算検討会で検討する切り口の例 ~
a. 安定資金
安定資金(安定的に使用することができる資金)は増えているか。
現預金の増加が流動資金によって支えられていないか。

b. 固定資金
バランスが悪化していないか。

不足している資金を何で調達しているか?無意味に資金が寝てないか?
会社の状態を1つの資料であらわせるからこそ、速やかに改善方法を検討することができるのです。

費用の目安

経営財務コース 月額 50,000円~(税抜)
経営財務フルコース 月額 50,000円~(税抜) + 税務顧問料/月 + 決算料/年
※税務顧問料は別途お見積りとなります。
※決算料は別途お見積りとなります。(30万円~(税抜))

経営財務顧問サービス概要

厳しい環境のなかで、事業を存続させていくことは非常に大変です。
不況という荒波の中にあって、事業存続という目的に向かって航海を進めていくためには、財務の視点からみた羅針盤が絶対に必要です。

会社の現状を認識し、目標との差をつかみ、
毎月軌道修正をするため、羅針盤の役割を担う道具が 『試算表』 です。
この『試算表』を経営の役に立てていただくのが私たちの願いです。

しかし、私たちの願いとは裏腹に

  • 「試算表は難しくて良くわからない。」
  • 「銀行から提出するよう言われるので作っているだけ。」
  • 「会計のことは経理担当者や税理士に任せているから。」

という声をよく耳にします。
ぜひ、こう思われる方は『経営財務顧問』を体験してみてください。
体験していただければ必ず以下のように感じていただけるはずです。

  • 「思ったほど難しいものではない。」
  • 「会社が未来に向かって打つべき手を考えるために作っている。」
  • 「社長である自分が数字をみて戦略・戦術を考える時間を作っていくのが大事なんだ。」

私たちは経営を財務の面からサポートする「社長の最良の相談相手」でありたいと考えております。
さあ、一緒に未来を語りましょう!!

動画で確認!

こちらのセミナー動画で『経営財務顧問』の一部を疑似体験できます。
アタックス税理士法人 税理士 海野 大からのメッセージ

試算表の見える化で会計が苦手な社長でも経営判断に活かせる!(ダイジェスト版)

また、自社の決算書で試してみたい方は「お問い合わせ」から「無料経営相談」を選び、お問い合わせ内容に「経営財務顧問サービスお試し希望」とご入力のうえお申し込みください。

経営財務顧問の内容

経営財務顧問とは、数字のプロとして財務の面から会社(社長)をサポートするサービスです。具体的な内容は以下のとおりです。

1.『経営財務三表』を用いた月次決算検討会の実施

  • 月に1度、『経営財務三表』を用いて会社の現状を認識して頂き、今後どこに手を打っていくべきなのかを一緒になって検討していきます。
  • 毎月、私達と一緒に数字と向き合うことにより、数字に強い経営者になっていただきます。

2.『経営財務三表』を用いた年次決算検討会の実施

【今期予測】

  • 決算月の3ヶ月前から決算の着地点を予測し、決算対策や納税準備等の決算準備を行っていきます。
  • 決算前に検討するため、スムーズな決算が可能になります。

【来期予測】

  • 決算対策のみならず、来期の利益計画作りをサポートさせていただきます。
  • 作成した利益計画で資金が枯渇しないかを資金運用計画で一緒に検討していきます。
  • 利益計画と資金運用計画を応用し、未来の貸借対照表を社長と共有していきます。

3.税務監査等の実施

  • 会計帳簿をチェックし、会計処理のアドバイスや税務リスクへの対応を指導します。
  • 税務申告書の作成や税務代理を行います。

スケジュール

zaimu_01
※三角印は本サービスのご支援パターンを示します(12月決算の場合)。

経営財務顧問のメニュー

経営財務顧問にはお客様の状況に応じ、以下のメニューを用意してあります。

1.経営財務コース
経営財務分析(月次決算検討会及び年次決算検討会)のみを実施するコースです。
既に税理士と顧問契約を結んでいる方で財務面からのサポートのみを必要としている方に最適です。

2.経営財務フルコース
経営財務分析に税務顧問を兼ね備えたコースです。
財務面からのサポートも必要だし、税務申告等の税務サービスも必要だという方に最適です。
zaimu_02
どちらのコースも財務の面から経営をサポートすることとなりますが、このサービスは、経理担当者でなく社長に対して直接行っていくところがポイントです。したがって、毎月必ず社長とお会いすることとなります。

社長がどれだけお忙しくても、私達とお会いする時間をとっていただく、これが私達の唯一のお願いです。

NEXT >
ご相談・お問い合わせ

経営相談このサービスについてもう少し詳しく話を聞きたい、あるいは、相談したいことがある、というお客様は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください(ご相談は初回無料)。 秘密保持に関する念書」を御社に差入れ後、ご相談を承ることも可能です。

会社説明会受付中