タグ:税制改正

  • 税制改正

    令和2年度税制改正大綱~経営者が知っておくべきポイント解説

    令和2年度の税制改正大綱が昨年12月に公表されました。 弊社でも今年2月に東京、名古屋で税制改正セミナーを開催しましたが、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりセミナー参加自粛等で当日欠席せざるを得ない方も…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 成功する事業承継「磨き上げる!」~承継準備できていますか?

    見送られた税制改正に見る事業承継対策 昨年の12月12日に「令和2年度税制改正大綱」が公表されました。 今年度の改正には、 ・イノベーションの担い手となる一定のベンチャー企業に対する  事業会社からの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自社株評価が変わります!~税制改正による影響と対策

    (2019年10月追記:平成31年度の税制改正が発表されましたが本記事の内容については変更はありません。自社株評価については『上手な事業承継のポイント』でも詳しく解説していますので、こちらもあわせてお読みください。) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成30年度税制改正大綱~事業承継税制の拡充

    12月14日に平成30年度税制改正大綱が公表され一週間が経ちました。この間、経営者のみなさまから「事業承継税制」について非常に多くのお問い合わせをいただいておりますので、「大廃業時代の歯止めとなるか?~2018年度税制改…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成30年度税制改正大綱より~ますます強まるサラリーマンの増税

    平成30年度税制改正大綱が公表されました。 個人の課税については、減税策として基礎控除が10万円引上げられる一方、給与収入850万円超の給与所得控除額に上限を設けています。 ここ数年の税制改正では、高所得の給与所得者課税…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大廃業時代の歯止めとなるか?~2018年度税制改正の事業承継税制

    最近、後継者がいないと悩まれているお客様からよく相談されるようになりました。 実際、新聞等の報道でも後継者難から廃業が増えていると伝えられており、その数は2025年までに130万社とも言われています。 日本の法人…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成29年度税制改正について~中小企業関連~

    昨年の12月に平成29年度税制改正大綱が公表されました。 改正案のうち、自社株の評価方法の変更については、1月19日発行のアタックスネットでお知らせしました。今回は、中小企業に関係する改正案について主なものをお伝えしま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 移転価格税制

    移転価格に係る文書化規定の整備(平成28年度税制改正)

    昨年10月、経済協力開発機構(OECD)から多国籍企業の課税逃れを防止する国際課税ルール(BEPSプロジェクト)の最終報告が公表され、平成28年度税制改正大綱において、我が国における移転価格税制に係る文書化の見直しが行わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成28年度税制改正大綱~知っておきたい改正ポイント

    昨年の12月に平成28年度の税制改正大綱が提出され、現在国会で審議されています。順調にいけば、3月末には決定され4月から施行されます。この中で、企業に関係する改正を2つピックアップしてみます。 1.法人税率の引下げ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中小企業基準見直しへ~経営を左右する税務戦略を考える!

    政府が、税金を優遇する「中小企業の基準」の見直しに入ります。 現在の基準は資本金ですが、売上や所得に基準を変更する案が出ているようです。 いまは資本金1億円以下の中小法人に税金を優遇する措置が認められています。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス・エッジ・コンサルティング
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. ITの話となると概念や横文字ばかりで難解ですが、今回はその中でも、特に経営者の皆様方におさえて頂きた…
  2. 財務省が12月2日に発表した2019年7~9月期の法人企業統計によりますと、金融業・保険業を除く全産…
  3. 働き方改革による、残業規制、同一労働同一賃金、最低賃金の引上げ・・・等々、 単純に捉えれば、これら…
ページ上部へ戻る