カテゴリー:会計

  • 経常収支を重視した経営。倒産を回避するための方策

    中小企業の資金繰りを助けるための中小企業円滑化法を利用して返済猶予を受けたのにもかかわらず、倒産する企業が急増しており、返済猶予後の倒産件数は8月に15件で、前年同月の2.5倍に膨らんだ。 企業は、損益が黒字であっ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 海外M&A、投資判断は慎重に~失敗しないための考え方。

    日本企業による海外企業のM&Aが増加している。増加の背景には、景気の長期低迷や人口減少など国内市場の将来性が見えないことにより、海外に活路を見出す企業が増えていることが要因として挙げられる。 日本国内においては、税…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 経営戦略を収支計画のみならず、財務計画に表すことが重要

    7月27日の日経は、「武田薬品がスイスの製薬会社の買収資金の内、6000億円を借入、無借金経営を転換」と報じた。記事によると、武田薬品は1990年代後半から負債が十数億円の実質無借金状態が続いていた。 今回、スイス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オーナー企業だからこそ資金効率を意識した経営を!

    上場企業の自己資本利益率(ROE=Return On Equity)が、2010年3月期の3.9%から2011年3月期は、6.0%に上昇、との記事が新聞に載った。すなわち、株主(投資家)からすれば、自分の投資に対するリタ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 緊急時の対応〜地震など様々なリスクに備えて

    東日本大震災の影響で、エコノミスト達は4~6月の実質成長率を平均でマイナス3.2%と予測している。ただ、サプライチェーンの回復に伴い、景気も夏頃には回復するとみている。この景気に大きな影響を与えているのが生産の減少だ。3…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 社会的な懸念が高まる、中小企業の為替デリバティブ問題

    メガバンクが、為替デリバティブ(金融派生商品)で多額の損失を出している中小企業への資金対応を前向きに検討しているという。 記事中の為替デリバティブとは、米ドルなどの外国通貨を一定の時期に一定の価格で受け渡すことを契…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 配偶者居住権とは 2018年7月、40年ぶりに民法が改正され、「配偶者居住権」が創設されること…
  2. 2019年3月19日(火)の日本経済新聞朝刊の一面に「ニッポンの賃金 賃金水準、世界に劣後」という記…
  3. 米中貿易問題の影響などで景気先行きが懸念される中国経済。先日発表された2018年GDP成長率は6.6…
ページ上部へ戻る