カテゴリー:経営

  • 副業・兼業制度導入に賛成?反対?~理念なき流行便乗は企業を危うくする!

    最近、副業や兼業について報道される機会が増えてきました。本業に加え、ちょっとしたアルバイトをする副業や、本業に近いレベルで仕事を増やす兼業に加え、2つの本業を持つレベルの「複業」という表現まで出てきています。 政…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中小企業のガバナンス強化の肝はこれだ!~組織風土改革と業務効率化

    大手メーカーによる製品データの改ざんなど企業不祥事が続いています。 ある機関の調査によれば、2014年1月から2017年6月までに、上場企業によって公開された不祥事にかかる調査報告書120件のうち、92件が意図的…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 組織の最大問題は、「困っていること」と「問題」を混同していること

    私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントです。企業の単年度の予算、3~5年など中期経営計画の達成を目的に現場で指導するのが仕事です。 予備校や資格試験学校の講師と似ています。目的は受講者の「合格」…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 年頭に寄せて~「働き方改革」は経営者が先頭に立ってこそ成功する!

    新年明けましておめでとうございます。 本年は「働き方改革」が待った無しの1年になると強く思っています。「働き方改革」は長期デフレ経済を脱却し、人口減少社会に歯止めを掛け、再び経済を成長路線に乗せるために、政府が出し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 経団連が副業・兼業容認を促す方針へ転換 ~今後の働き方に対する影響は?

    昨今、働き方改革が叫ばれています。この働き方改革が行きつく先はどこなのだろうと、最近いろいろと考えます。働き方改革を推し進めていくと、やはり在宅勤務の形態がクローズアップされてきます。在宅の形をとることにより、社員を“時…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • トップダウン一辺倒の時代は終わった!~「ミドルアップダウン型」経営のススメ

    組織の経営スタイルには様々な分類の仕方がありますが、1つの切り口として「トップダウン型」「ボトムアップ型」「ミドルアップダウン型」の3類型があります。 この中で、近年は以下のような経営環境を背景に、経営者とミドル(中堅社…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 社長!空前の金融緩和の今こそ財務体質改善を~金融庁の行政方針を読む

    11月10日、金融庁が今年度の金融行政方針を公表しました。恐らく、一般の方の興味を殆どひかないでしょうが、金融機関の行動が行政に大きく影響される以上、金融機関との接点の多い経営者・財務担当役員等の方は、一度は目を通してお…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不信渦巻く組織はコスト高~「生産性革命」企業が取り組むべきこと!

    第4次安倍内閣が発足しました。緊迫した国外情勢のなか、安倍首相の外交手腕に期待が高まる一方で、国内において喫緊の課題となっているのが、「生産性革命」と「人づくり革命」です。 首相の記者会見での主な中身は、2020…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 成功する新規事業!~その決め手は“動機と出合い”

    筆者は長年、起業後上場を果たした若手経営者と対談形式の夏期経営トップセミナーを開催しています。 8月は昨年秋に東証マザーズに上場したユーザベース(以下U社)の梅田優祐社長とのセミナーでした。 梅田氏が語った起業か…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中小企業のための戦略論~「社員が頑張れば利益がでる戦略」を磨こう!

    先日、アタックス社長塾の一流社長との徹底対話編に、昨年に引き続き、株式会社日本レーザーの近藤宣之社長を招聘しました。近藤社長の講演は毎回、まさに箴言とも言える多くの「なるほど!」を頂けます。 今回もまた、「『社員が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム執筆:アタックスグループ
アタックス税理士法人
株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング
株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
株式会社アタックス戦略会計社
株式会社日本話し方センター

カテゴリー

話題をチェック!

  1. 大手メーカーによる製品データの改ざんなど企業不祥事が続いています。 ある機関の調査によれば、…
  2. 先日、アタックス社長塾の一流社長との徹底対話編に、昨年に引き続き、株式会社日本レーザーの近藤宣之社長…
  3. 「社員育成戦略は万全ですか?」 新年度に向けた予算策定、人材教育計画が大詰めとなる季節ですが、…
ページ上部へ戻る