アタックス税理士法人 東京事務所 サービスご案内

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~17:30)

アタックス税理士法人 東京事務所 サービスご案内

【目次】
1.税務顧問サービス
2.財産承継(相続対策)サービス
3.経営財務顧問サービス
4.事業承継サービス
5.国際税務サービス
6.まとめ~ご契約例ご紹介
7.アタックス税理士法人東京事務所アクセス

東京で「日頃から相談ができる」税理士をお探しの方へ      
【税務顧問サービス】

「相談しても、なかなか返事が来ないし、的確なアドバイスはもらえていない」
顧問税理士に対してよく聞くご不満ですね。

東京で税理士をお探しのみなさんの中にも、このように感じている方は多いのではないでしょうか。
多くの会社にとって最も身近な専門家は税理士です。
税金の相談はもちろん、会社の経営についての自分の悩みをもっと相談したいと思っているはずです。

ところが、実際はどうでしょうか。

☑ 先生は忙しいみたいで、質問しても返事がなかなか返ってこない。
☑ 会社に関する税金のことはわかるけど、相続税とかは苦手のようだ。
☑ 経営のアドバイスをもらおうと思ったけど、抽象的な話しかしてもらえなかった。
(アタックス税理士法人東京事務所に寄せられた無料相談の声より)

私たちアタックス税理士法人東京事務所にご相談に来られる皆様のお悩みをきくと、残念ながら、経営者の良き相談相手であるはずの税理士は、本当の意味で、日頃からお客様の相談に乗れているとは言えないと感じます。


また、東京には数多くの税理士法人や税理士事務所があります。
ところが、ひとりの先生が事務所を担われているため専門分野が限られていたり、逆に組織が大きく分業化されているため多様な課題に一元化して対応してもらえなかったりと、中堅中小企業にとって希望通りのサービスを受けられないことも多いようです。

アタックス税理士法人東京事務所の税務顧問サービスは、法人税など会社の税金のことはもちろん、日頃から、お客様のいろいろなご相談に対応しています。

私たちは、税理士法人の担当者を中心に、必要に応じて社長個人の財産のこと、業績改善のこと、営業力アップのこと、経営計画のこと、人材育成のこと等々、各分野の専門家がチームとなって、会社の状況や情報を共有しながら、ご相談に対応しています。


お客様は、「この問題は相談していいのか?」などと迷ったりせず、経営のことであれば「まずはアタックスに」と気軽に相談することができます

ご自身で調べたり悩んだりする必要もありませんし、何かお困りごとを依頼したときに不安を感じることもありません。社長は安心して経営に専念することができます。


また、言うまでもありませんが、私たちは、最新の税法を押さえた質の高い税務サービスを提供します。
今は法律が複雑になり、場合によってはひとりの税理士の知識だけの判断ではリスクのある時代となりました。

アタックス税理士法人東京事務所では、お客様に複雑な課題が生じた場合、多くの税理士の経験や知恵を活用して最善策を導きだす検討会を行っています。

さらに、税務調査や事業承継等では特に経験値が必要となりますが、アタックス税理士法人には70年を超える歴史があり、多くの問題を解決しノウハウを培ってきました。
お客様は「税理士がいざという時に頼りにならなかった」と悔しい思いをされることなく、安心して最新かつ最善の税務サービスを手に入れていただけます

私たちの税務顧問サービスの標準的な内容は次のとおりです。

1.いつでも気軽にできる「税務・経営相談」


電話やメール、月次訪問時に、会社の税金や経営の相談などに幅広く対応します。

(例)
☑ もっと早く月次試算表を作成したいが、どうように進めたらいいの?
☑ 経営会議で検討したいので、財務数値から見た会社の課題を教えてほしい
☑ 設備投資を予定しているが、節税に利用できるのかな?
☑ なかなか幹部候補生が育ってこない、どう育成していけばいいの?
☑ 自分の相続のことが心配なので、留意点や準備しておくべきことを教えてほしい
(アタックス税理士法人東京事務所に寄せられたご相談事例より)

アタックス税理士法人東京事務所では、お客様に寄り添い、対話を通じて悩みや課題をお聴きし、税金や節税の相談はもちろん、経営の相談にも積極的にアドバイスします。これが私たちの顧問スタンスです。
お客様はあれこれ考えず「まずはアタックスに」とご相談いただくことができるのです。

2.お話を聴き、フィードバックもしっかり行う『月次訪問』


「毎月来てもらって帳簿を見てもらっているが、どこを訂正したかも知らない」
これもよく聞く話です。ブラックボックスになってしまっているわけですね。
定期的に会社に来訪しても、これではお客様が置いてきぼりです。

私たちは、定期的に訪問するなど、できる限り接点を持たせていただけるようなサービスを推奨しています。毎月や2ヶ月毎など月次訪問の頻度は契約内容によって少し変わりますが、定期的に訪問する目的は、大きく分けて2つあると考えています。

1つは、お話を聴き、私たちがお客様を知ることです。
お客様のお話を聴くことで、事業の状況を知ることができますし、社長の思いや考えを理解することができます。
お客様は、税務だけでなく会社の状況を理解している私たちに悩みや課題をぶつけ、私たちから知識や経験値を聞きながら、どうしたら解決できるのか一緒に考えることができます。



2つめが、数字を経営に活かしていただくことです。

毎月、顧問税理士に来てもらって会計帳簿を見てもらっているが、「ほとんどフィードバックがない」「どこを訂正したのか分からない」「あまりアドバイスはもらえない」というのでは、経営管理の改善につながりませんし、お客様が数字に強くなることができません。

私たちアタックス税理士法人東京事務所は、月次の訪問時に、会計帳簿を会計上・税務上の視点で確認しますが、その際に出てきた疑問点や訂正箇所は必ずお客様にフィードバックし、改善のためのアドバイスを行います。
お客様はこうしたフィードバックから、的確な税務会計処理ができるようになるだけでなく、会計数字への理解が深まり、適切な経営管理ができるようになります。


3.決算対策の事前打合せを踏まえた『税務申告書の作成』

「税務申告は、毎年、申告近くになって慌てて印鑑をもらいに来る」
これも、いまだに聞く話で、申告の内容は税理士しか知らないなんてこともあります。

私たち税理士は、法人税、事業税、住民税、消費税の税務申告書の作成を行います。
この税務申告書の作成は、適正な品質で行うことが第一ですが、アタックス税理士法人東京事務所では、そのために決算の3か月前を目途に、お客様と「決算対策の打合せ」を行います。

具体的には、お客様側の決算業務や私たち側の税務申告書作成業務の段取り、今年度の特殊事項に関する事前準備のほか、必要に応じて合理的な節税対策など、事前の打合せを行うのです。

税理士法人東京事務所の相談イメージ
税理士法人東京事務所の相談イメージ

この「決算対策の打合せ」を通じて、決算業務から、法人税、事業税、住民税、消費税などの税務申告書作成業務までの一連の業務の効率化をはかるとともに、適正な品質を確保します。
また、お客様は、決算でどのような対策を行ったか、その判断理由は何であったか等、背景を理解しながら安心して決算を行うことができます。

なお、ご要望によっては、お客様が作成した税務申告書原稿を弊社が精査(整合性等の検証)する場合もあります。

4.申告書作成後には今後の課題を確認する「決算報告会」を開催

私たちアタックス税理士法人東京事務所は税務申告書の作成が終わった後に「決算報告会」を開催します。

私たちが行う決算報告会は、単に法人税などの税額の説明を行うものではありません。
それまでの対話でお互いに認識してきた、事業上の課題、財務上の課題、税務上の課題などについて、どの程度解決できたか、新たな課題はあるかなどを年に1回確認し合います。

これを毎年行うことで、お客様は今後、会社の成長にとって何を行わなければならないかを認識することができます。さらに、課題の解決にむけて継続的にいつでもアタックスに相談することが可能ですので、「具体的に何にどう着手したらよいか分からない」といった孤独な悩みからも解放されます。


5.十分な検証と責任ある説明・交渉をおこなう『税務調査対応』

私たちアタックス税理士法人東京事務所は、法人税等の税務調査に顧問税理士として立会い、国税に対して説明や主張を行います。

税務調査においては、お客様の意見を伝えることはもちろん、国税の意見をお客様に分かりやすく説明することなどを行い、税務調査がスムーズに運ぶよう進めます。
調査の指摘事項に対しどのような資料でどう対応するか、十分な検証を行い、会社の立場にたった説明や交渉を行います。


また、税務調査が行われる前に、ご要望により、調査の進み方(一般的な質問内容等)やお客様の税務処理について注意しておくべき事項について打合せを行います。

お客様の立場を国税に理解してもらうにはどうしたらよいか、指摘されている内容はどういうことなのか等々、顧問先1700社の豊富な経験がありますので、安心して何でもご相談いただくことができます。

6.その他、事業の再編成など『お客様のご要望に応じた業務』

私たちアタックス税理士法人東京事務所は、ご要望に幅広く対応しております。
たとえば、グループ経営を行う会社で、ビジネスや経営の効率化などの理由で「グループ内の会社や事業の再編成」が必要な場合には、その企画を行い、税務上の論点をまとめるとともに、再編成の手続きをサポートします。
また、経理業務の改善が必要な場合は、現状の経理データや業務フローを把握したうえで、改善点をまとめ、経理業務の改善を進める過程をフォローします。
このように特別にご依頼いただく業務は、会社の状況やご要望に応じて柔軟に対応していきます。
(注)記帳代行、給与計算などの業務には対応しておりませんのでご了承ください。

上記の1~5が「税務顧問」の標準的な内容となります。それぞれの具体的な内容はご希望をお伺いして個別に決めてまいります。


 

このページのトップ【目次】に戻る

経営者の財産問題!相続税にも強くなければ経営者の力になれません
【財産承継サービス】

ここからは「税務顧問」以外のサービスをご紹介いたします。
最初は「経営者の財産」の承継(相続)についてのご支援内容です。

「事業承継のためにも、そろそろ自分の財産を整理し、税金対策も含めやれることはやっていきたいが、うちの顧問税理士は得意分野ではないようだ。」
こんな声も私たちアタックス税理士法人東京事務所によく寄せられる声です。
実はこれは致し方ないところもあります。
税金といっても幅広いですし、ある程度の経験値がないと対応できない場合もあるからです。

一方で、オーナー企業(経営者=株主)では会社と経営者が一体ですから、経営者の皆様は自社の株式など財産の相続についても様々な課題や悩みをお持ちです。


たとえば、次のような課題があります。

☑ 「万が一」が起こった場合、相続税を支払うだけの現金の手当ては?
☑ もめることなく自社株を後継者に承継する手立ては?
☑ 相続に伴って生じる税金をできるだけ抑える手立ては?
☑ 残された奥様やお子様の生活資金を賄う手立ては?

上記は例として「納税資金」「もめごと回避」「税金総額」「生活資金」の4つの視点をあげましたが、これらは、一つの対策が他に影響をあたえ問題を起こしうる、という関係にあります。ここでは詳しくは説明できませんが、それほど自社の株式を含めた相続対策は複雑です。


アタックス税理士法人東京事務所では、創業70年以上の歴史において多くの事業承継の経験値を蓄積してきました。
私たちは「お客様にとってベストな対策は何か?」を一緒に考えながら、あらゆる角度から検討したうえで財産に関する課題解決のためのプランを作成します。

税理士法人東京事務所での検討の様子
税理士法人東京事務所での検討の様子

また、お客様がご自身の考え方や優先されたい思いから最適なプランを選択できるよう、複数のプランを提示し詳しくご説明を行います。
お客様は、私たちが考えた複数のプランの中から、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで納得して意思決定することができます。

私たちアタックス税理士法人東京事務所の財産承継サービスの内容は次のとおりです。

1.危険を回避するための段取りを左右する『財産の現状分析』

オーナー経営者の財産は様々です。
会社の株式、会社に貸し付けている不動産、現金預金、自宅、上場株式、ゴルフ会員権、生命保険契約、会社勇退時の退職金などです。

私たちは、こうした経営者の財産を診断します。
これを「財産クリニック」と呼んでいますが、財産の種類、金額、相続税、納税資金、財産分割などの視点から、現状分析を行い、お客様の財産に関する課題をまとめます。

税理士法人東京事務所の財産クリニック
税理士法人東京事務所の財産クリニック

オーナー経営者の財産承継(事業承継)でありがちな失敗は、「とにかく税金を押さえたい」「兄弟平等に分けたい」等のように目的を単純に考えてしまい、関連して起こる問題について十分に確認していないことに原因があります。

事業承継は、相続税を抑える視点はもちろんのこと、各相続者の納税資金、もめない財産分割、将来にわたる安定した経営権など、すべての課題を最初に洗い出しておくことに成功の鍵があります。

アタックス税理士法人が長年にわたり培った「財産クリニック」を踏まえることで、対策の抜け漏れによる後々の現金不足、親族の争い、経営権の危機などに悩まされることなく円滑な財産承継を行うことができます。


2.すべての課題を押さえたうえでの『財産承継プランニング』

現状分析が終われば、そこで認識した課題を解決するためのプランニング(計画づくり)を行います。
このプランニングに決まった方法はありませんので、お客様の財産状況や考え方に応じて検討していきます。

なお、私たちアタックス税理士法人東京事務所が行うプランニングの視点には、主に次のようなものがあります。

(1) 財産の価値や財産承継時の税金負担を軽くする視点
(2) 自社株などの財産を承継する方法に関する視点
(3) 後継者の経営権の確保や少数株主の整理などお客様の株主構成にかかる視点
(4) オーナー社長の財産全体の承継に関する視点
(5) 後継者に自社株を承継するための株価対策や承継方法などの自社株の対策の視点
(6) 相続時の納税資金や遺産分割のトラブルを防ぐ視点
(7) 勇退後やご家族のライフプランに基づくキャッシュフロー(生活資金等)の視点

前述のとおり、(1)~(7)の間には関連性がありますので、これらの組合せで総合的にいかにお客様の課題を解決するか、最善の方策を導き出すことになります。
 

アタックス税理士法人東京事務所では、相続税、納税資金、財産分割、経営権など、全体を見すえながらプランニングを行い、お客様が心から納得できるよう詳しくご説明を行いますので、安心してお任せいただくことができます。

 

このページのトップ【目次】に戻る

月次の検討会で、経営改善を考えませんか?
【経営財務顧問サービス】

次にご紹介するのは「経営財務顧問」というサービスです。
これは、アタックス税理士法人東京事務所で開発したサービスで、毎月、社長にお会いし、専門のシートをつかって一緒に会計の数字をみながら経営改善の方策を考えていく、という伴走サービスです。

税理士法人東京事務所の経営財務顧問サービス
税理士法人東京事務所の経営財務顧問サービス

「税金のことは教えてくれるけど、会社の経営に役立つアドバイスがない。」
これも税理士に対する不満としてよくお聞きする声ですね。
本来は、税金のことだけでなく、月次試算表を今後の経営改善にどう役立てるのか、利益を確保するためにはどうしたらいいのか、何をどうやってコスト削減すべきかなど、会社の業績を良くするためのアドバイスをするべきです。

私たちは、月次試算表の内容を分かりやすくするためにビジュアル化したシート(これを「経営財務三表」といいます)を使って、会社の利益構造がどうなっているのか、どこから資金が生み出され、どこに消えているのか、どのような手を打ち、その結果どうなるのかについて一緒に検討していきます。
私たちの経営財務顧問サービスの内容は次のとおりです。

1.社長と一緒に数字で考える「月次決算」検討会

税理士法人東京事務所の月次決算検討会
税理士法人東京事務所の月次決算検討会

月に1度、「経営財務三表」を用いて会社の状態を社長にわかりやすくご説明します。お客様は月次決算の数字を、本当の意味で理解することができるようになります。
さらに、数字の意味を認識していただいたうえで、今後どこに手を打っていくべきなのかを一緒に検討していきます。
数字が苦手だったという経営者の方も、この毎月の繰り返しによって数字に強い経営者になることができます。

2.決算予測や利益計画を考える「年次決算」検討会

年次では、今期の着地点を予測し、決算対策や納税準備等の検討を行うほか、来期の利益計画作りをサポートします。
この利益計画のサポートでは、作成した計画で資金が枯渇しないか、資金運用計画も一緒に検討していきます。


このアタックス税理士法人東京事務所オリジナルの【経営財務顧問サービス】は、「税理士から経営のアドバイスがない」とお困りの方のほか、「決算書からどう経営を判断すればよいのかセミナーや本で検討してもどうもピンとこない」「急な事業承継だったため経営数値の見方がよくわからない」といったお悩みをお持ちの方にお喜びいただいています(東京事務所でご契約いただいた皆様からの「きっかけ」の声)。

既存の税理士・会計士の先生とのご契約はそのまま、この経営財務顧問だけで弊社とご契約いただくことが可能です。

 

このページのトップ【目次】に戻る

事業承継は、税務・後継者選択・段取りなど様々な経験値が必要です
【事業承継サービス】

次にご紹介するのは「事業承継」に関するサービスです。
事業承継については、財産承継(相続対策)のほかに、
事業承継を控えた社長から、私たちはよく次のような悩みをお聴きします。

☑ そろそろ事業承継を進めたいが、何から手をつければいいか分からない。
☑ 社員への事業承継を考えているが、経営者として適任かどうか判断が難しい。
☑ 承継を進めるために、経営者としての心構えや知恵を身に付けさせたいのだが。
(アタックス税理士法人東京事務所に寄せられたご相談事例より)

経営者にとっては、20年から30年に一度の重要なイベントです。悩みも課題もいっぱい出てきます。
一方で私たちは、これまでの70年で延べ1,200件以上の会社の社長交代、事業承継にたずさわってきました。

事業承継は、後継者選びや経営体制など人・組織の問題から、税金対策や経営権の確保など専門知識が必要なことまで、複雑に絡み合った問題を抱えることになります。
しかし、お客様は一人で悩まれる必要はありません。


私たちはあらゆるケースにおいて、「何をどのような手順で解決していくべきか」「こうしないと、こうトラブルになる」という経験値がつかめていますので、計画づくりから具体的施策まで安心してお任せいただくことができます。
後継者選び・後継者不在・後継者育成・後継者経営の仕組み・株価対策・税金対策・納税資金・株の分散・株の集約・持ち株比率・兄弟姉妹の平等・親族の争い・名義株・持株会・親族外承継・MBO・M&A・取引先との関係・金融機関との関係…etc. どんな問題も安心してご相談ください。

私たちアタックス税理士法人東京事務所の事業承継サービスの内容は次のとおりです。

1.やるべきことを一緒に整理していく「事業承継計画」の作成


「事業承継計画」は、後継者に事業を承継するために、社長と後継者が中長期的に取り組むべき内容をまとめた計画書です。事業承継計画をつくることで、やるべきことが整理でき、社員の安心や取引先・銀行などからの信頼にもつながります。

アタックス税理士法人東京事務所では、会社や社長の現状を詳細に把握することから始めます。
現状把握を怠ると、具体的な事業承継の施策を進める時点で思うように行かないこともあるからです。

たとえば、株の渡し方と渡す時期と株価対策と納税資金準備は密接な関係にあり、株の渡す時期と経営承継の時期は密接な関係にあります。また、経営承継の時期は会社の経営計画と深く関係し、後継者の育成(年齢・資質)とも大きく関係します。

このように、「事業承継計画」を作成する際には、事前に何をどう把握しておくべきかを検討したうえで、しっかり現状分析を行なうことが重要となります。
何をどう押さえなければいけないか、私たちには豊富な経験値がありますので、安心してお任せいただくことができます。

2.事業承継計画をしっかり実現していく「推進サポート」


事業承継計画が決まったら、社長、後継者、会社でやるべきことを進めていかなければなりません。
やるべきことやその優先順位は会社によって異なりますが、私たちが常に伴走し、お手伝いすべきことは積極的にかかわっていきます。
自社株の課題があれば財産承継のサービスで、後継者の財務知識のレベルアップの課題があれば経営財務顧問サービスで対応します。
また、会社の経営計画にかかわること、営業の強化にかかわること、人事制度や人材育成にかかわることは、アタックス税理士法人東京事務所の担当者が窓口になりながら、アタックスグループ各社と連携してご支援することができます。
事業承継計画に盛り込んだ内容について、私たちには具体的にご支援する体制が整っていますので、「事業承継計画」が絵に描いた餅になることはありません。

3.後継者の覚悟と経営力を養成する『アタックス社長塾』

 アタックス社長塾 テキスト・参考図書
アタックス社長塾 テキスト・参考図書
 アタックス社長塾 テキスト・参考図書
アタックス社長塾 テキスト・参考図書

後継者の育成も、事業承継の中の最重要事項です。
なぜなら、事業承継は、承継することが目的ではなく、承継後に会社が隆々と栄えていくことが本当の目的だからです。
すなわち、後継者は、「お客様が喜んでお金を払ってくれる商品・サービス」をどんな環境変化にも負けず実現し、長期安定利益を上げ続け、会社を永続させなければなりません。

アタックス社長塾は、このゴールに向かって進む後継者・後継幹部の育成機関です。
座学だけではなく、「アタックスの第一線のコンサルタントが塾生に伴走すること」が特徴ですので、後継者は、スタート地点でどのような知識レベルであっても、その内容が習得できるようになります。

アタックス社長塾 塾生の皆さんと
アタックス社長塾(東京会場)塾生の皆さんと
アタックス社長塾 塾生の皆さんと
アタックス社長塾(東京会場)塾生の皆さんと

4.事業承継に関する情報ページのご案内

なお、事業承継については、事業承継税制の解説や、コラム「上手な事業承継7つのポイント」など、こちらのページでは様々な情報を掲載しておりますので是非ご覧ください。
 

 

このページのトップ【目次】に戻る

東京から世界へ:国際税務相談から移転価格文書化のご支援まで
【国際税務サービス】

次にご紹介するのは「国際税務」に関連するサービスです。
中国や東南アジアを中心に中堅中小企業の海外進出が増えています。

海外進出後には、進出した国における税務対応もありますし、日本の親会社から海外の子会社への出張や出向にかかる取扱い、海外で支払った外国の税金の処理など、海外取引にかかる税務対応が必要になります。

場合によっては、移転価格税制やタックスヘイブン対策税制など特殊な税制への対応も行わなければなりません。


そのため、海外進出の事前準備や海外子会社の設立にかかるアドバイスやコンサルティングを望む声は年々高まっていますが、残念ながら、これに対応できる税理士は限られています。
むしろ、国際税務に関する相談には及び腰の税理士が多いのが実情です。

私たちアタックス税理士法人東京事務所は、こうした海外取引にかかる中堅中小企業の税務課題を支援するため、国際部を設置して専門メンバーで対応しています。
国際部の専門メンバーに相談することにより、お客様は海外ビジネスに安心して取り組むことができます。
アタックス税理士法人東京事務所 国際部のサービス内容は次のとおりです。

1.日常的に相談できる『国際税務顧問』


国際税務においても、お客様は日常的に相談したいことが出てきます。
こうした日常的に発生する税務相談はもちろん、申告書作成や海外取引に潜む課税リスク回避のためのアドバイスについて、月々のリーズナブルな費用で国際税務に詳しい専門家が定期的な打合せや電話等でご支援します。

また、弊社のネットワークを通じて進出国の税務情報についても確認(※)を行うことができます。
※個別事項の内容確認や対応については、別途進出国での費用がかかります。

2.租税コストを最小化する『クロスボーダー取引診断』

海外取引について、まず、「どこに課税リスクが潜むのかを知りたい!」という場合には、定額料金にて診断サービスを受けることができます。

税務調査が来る前に予防しておきたい、税務調査後に早めに問題をなくしておきたい、という場合にもこの診断を受ければ問題点の整理と解決の方向性が明確になります。
それが、お客様の長期的な租税コストを最小化することにつながるのです。


3.あらゆる側面でサポートする『移転価格文書化支援』

たとえば、日本の親会社と海外の子会社の間で商品の売買があるとします。もし、その売買価格が適正でないとしたら、日本か子会社のある外国の国税当局から問題視され、予想外の大きな税金負担を受けることがあります。
これが移転価格税制に関する問題です。

移転価格税制では、海外子会社等との取引について、独立企業間価格(第三者の相手と取引を行う場合と同等の価格)で行うことが求められています。また、移転価格税制は、日本だけでなく、取引の相手国側での対応も考慮しなければなりません。


私たちが行う移転価格文書化支援では、お客様の移転価格税制にかかるリスクを把握・分析し、ドキュメンテーション(文書化)の必要性の有無や、海外取引にかかる課題を整理していきます。
国税庁等での調査実績と実務経験をもつ業界第一線の専門メンバーが支援しますので、安心してお任せいただくことができます。

※移転価格文書化支援に関する私たちの特長を詳しく説明していますので、こちらも是非ご覧ください。

4.海外不動産や金融資産の『国際相続支援』


個人で海外に不動産や金融資産を保有される方が多くなっています。
相続に関連して個人で海外に財産を保有する場合、将来、海外での相続手続という大きな課題が出てきます。

海外での相続手続は、現地の金融機関や専門家(弁護士や会計士等)と外国語でやり取りする必要があります。また、本人確認のための公証手続など海外特有の手続が必要になります。

私たちアタックス税理士法人東京事務所は、このような海外での相続手続に対応することや、それを踏まえた事前対応策を検討します。
その他、「国外財産調書」制度や「出国税」への対応など、個人のクロスボーダー取引全般についてご相談いただけます。

 

このページのトップ【目次】に戻る

まとめ(最後に)

企業のみなさんは、現在お付き合いのある税理士に疑問があっても、ほかの税理士はどうなのか知る方法もなく判断に困ってしまうのが実情ではないでしょうか?
また、ハッキリした課題をお持ちの方もいらっしゃれば、どこから手をつけていいか分からずお困りの方もいらっしゃると思います。


アタックス税理士法人東京事務所の無料経営相談では、そうした疑問やお悩みを整理いたします。
整理した結果、貴社に必要なサービスがアタックスのサービスと異なれば、他をお勧めする場合もあります。
弊社とお付き合いいただいているお客様も、お持ちの課題は以下のように千差万別で、ご契約の内容もさまざまです(下表は一部の例です)。まずはお気軽にご相談ください。

顧問契約の契約パターン例(アタックス税理士法人東京事務所)

項目名 法人A社(東京) 法人B社(東京) 法人C社(神奈川) 法人D社(埼玉) 法人E社(東京)
年商25億 年商10億 年商28億 年商35億 年商240億
製造業 卸売業 サービス業 建設業 情報サービス業



月次
訪問
訪問  
帳簿
監査
     
税務申告書作成   〇※精査
その他ご依頼業務       経営会議参加  
財産顧問        
経営財務顧問        
国際税務顧問        
スポット業務
組織再編の立案・実行
   
自社株対策

移転価格文書化支援
お付き合いのきっかけ・サービス選択の理由など 個人の税理士事務所で組織再編に対応できないため税理士を変更、アタックスを選択。 事業承継に強いところに税理士を変更、アタックスを選択。後継者育成の一環で経営財顧問を追加。 顧問税理士が高齢となり、最新の税制に対応できていないと判断し、アタックスを選択。 会社の成長に伴い組織的に対応する税理士法人としてアタックスを選択。 税務調査で否認を受けたため、国際税務に強い税理士法人としてアタックスを選択。

法人A社(東京 年商25億 製造業)

ご利用サービス
月次訪問、税務申告書作成、組織再編の立案・実行(スポット業務)
お付き合いのきっかけ・サービス選択の理由など
個人の税理士事務所で組織再編に対応できないため税理士を変更、アタックスを選択。

法人B社(東京 年商10億 卸売業)

ご利用サービス
財務顧問、経営財務顧問
お付き合いのきっかけ・サービス選択の理由など
事業承継に強いところに税理士を変更、アタックスを選択。後継者育成の一環で経営財顧問を追加。

法人C社(神奈川 年商28億 サービス業)

ご利用サービス
月次訪問、帳簿監査、税務申告書作成
お付き合いのきっかけ・サービス選択の理由など
顧問税理士が高齢となり、最新の税制に対応できていないと判断し、アタックスを選択。

法人D社(埼玉 年商35億 製造業)

ご利用サービス
月次訪問、帳簿監査、税務申告書作成、経営会議参加、自社株対策(スポット業務)
お付き合いのきっかけ・サービス選択の理由など
会社の成長に伴い組織的に対応する税理士法人としてアタックスを選択。

法人E社(東京 年商240億 情報サービス業)

ご利用サービス
月次訪問、税務申告書作成(※精査)、国際税務顧問、移転価格文書化支援(スポット業務)
お付き合いのきっかけ・サービス選択の理由など
税務調査で否認を受けたため、国際税務に強い税理士法人としてアタックスを選択。

 

このページのトップ【目次】に戻る

アタックス税理士法人東京事務所アクセス

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング16F
最寄駅:東京メトロ・東京都営地下鉄「神保町」駅
TEL(03)3518-6363 FAX(03)3518-6366

PDFアイコン 東京事務所地図PDF

アタックス税理士法人 東京事務所へのご相談やお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。
(初回面談無料)

お電話でも承っております。

03-3518-6363
受付時間 平日9:00~17:30(土日祝休)

アタックス税理士法人 東京事務所へのご相談やお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。
(初回面談無料)


お電話でも承っております
受付時間 平日9:00~17:30
(土日祝休)


(上記をタップすると発信の操作画面が立ち上がります)

 

このページのトップ【目次】に戻る