後継者への自社株承継・経営承継について相談したい

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~17:30)

後継者への自社株承継・経営承継について相談したい

親族関係に配慮し、税負担も考慮しつつ、自社株を上手に承継するのは大変な仕事です。相続税対策だけでなく、後継者が経営しやすい資本構成となるようプランニングを行いました。

ご相談内容

次のようなご相談をいただきました。
「今まで、事業に夢中になって取り組んできたが、気づけばもう60歳。
次期後継者として、自分の長男を考えているが、社内の体制にどう取り組んだらよいのか。また、毎年毎年少しずつ息子に贈与してきたが、息子が運営しやすい資本構成になっているのだろうか。」

実施内容・改善効果等

この会社の社長は、ご兄弟で創業され、二人三脚でがんばってこられました。
親族内承継特有の問題から、弟さんとそのご子息との関係に配慮しながらも、次期後継者として、自分のご長男をお考えです。

しかし、ただ単純に代表権を渡せばよいというものではなく、会社を継続して成長させられる様に配慮しなければなりませんし、体制も整える必要があります。株式のスムーズな承継も重要です。
そこで、いつ何をどのようにしてバトンタッチし、その後の社内体制や資本構成についてどうあるべきなのかについて、社長の不安を解消するため、弊社が以下の支援を行うことになりました。

  • 適正な資本構成になるような承継計画を立案・推進
  • 5年後のご勇退にむけた計画策定・推進(→明確化により後継者の覚悟が定まる)
  • 社内の支援体制・社外ブレーンの活用などの確立
  • 後継者であるご長男の承継後の理念・リーダーシップ教育

弊社の経験から次世代の体制についてアドバイスを行い、間に立つことにより親族内の合意もスムーズに得られ、承継後の経営体制が見通せる状態になりました。
また、ご長男は経営者らしい視点からの発言が多くなり、後継者として成長しつつあり、支援の効果が表れています。

この事例に関連するサービス

無料経営相談・お問い合わせフォーム

経営相談無料経営相談をご希望の方、アタックスのサービスについてもう少し詳しく話を聞きたい、というお客様は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください(初回無料)。 秘密保持に関する念書」を貴社に差入れ後、ご相談を承ることも可能です。