小野田産業~住宅メーカー頑張る【第164回】

小野田産業~住宅メーカー頑張る【第164回】

静岡市の清水区に、株式会社小野田産業という社名の住宅メーカーがある。創業は1945年、現社長の実父がスタートしている。もともとは製材業として創業しているが、その後、住宅ブームもあり、現在の住宅産業に業態転換している。
 
現在、従業員数は25名の注文住宅メーカーであるが、同社の施工する住宅が全国の関係者の間で注目を集めている。それは同社が施工・販売する「断震住宅」商標ブランドは「パーフェクトハウス」についてである。つまり、どんな大きな地震であれ、この住宅は揺れそのものを断ってしまう住宅だからである。

そんなまさかと思う人々もいると思われるので、少し住宅の説明をすると、住宅に取り付けられているセンサーが揺れを感知すると、住宅そのものを空気の力で約2分間、まるでホバークラフトのように浮上させてしまうのである。

そればかりか、エアータンクには、余震4回分の空気が貯蔵されているので、余震にも対応できる。ちなみに、その浮上幅は約1.5センチである。もとより、地震の揺れが収まると、位置戻し装置により、建物は下降しながら元の位置に戻るのである。
 
うわさを聞き、筆者は、先般、同社を訪問し、この「エアー断震システム」が装着された体験車に乗り、体験をさせていただいた。最初に、断震システムを作動させず、震度7を経験させていただいたが、その揺れはまさにタンスやテレビが横に飛んでくるといった激しい揺れであった。

次に、システムを作動させた状態で、震度7を経験したが、揺れはほとんど感じることがないばかりか、近くの固定したタンクに入った水も、波打つこともなかった。

このパーフェクトハウスは、全国各地にすでに200棟以上販売されているが、あの東日本大震災時においても、その断震力が証明されているという。

ちなみに、このエアー断震システムは、ある町の発明家が考案したもので、同社がいち早く着目し、現在、静岡県の総販売代理店であるが、その施工実績は日本一という。

余談であるが、「いかに断震といえども、津波には勝てない」といったニーズ・ウォンツに対応するため、同社では、それならば…ということで、最近「シェルター」の開発を進めている。

発泡スチロールに、特殊な塗料を塗布すると、鉄並みの硬度を誇り、シェルターは破壊されることがないばかりか、水には浮いているので、津波にも耐えられる。ちなみに、こちらの値段は4名から5名が退避できる大きさで100万円以下という。

 

坂本光司教授への講演依頼はこちらから

一覧に戻る