オリオン機械~社員と家族のために自家商品をつくり続ける会社【第72回】

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~17:30)

オリオン機械~社員と家族のために自家商品をつくり続ける会社【第72回】

JR長野駅から車で30 分位走ったのどかな田園風景の見える場所に人口約5 万人の須坂市がある。須坂市はモノづくりのまちとして富に有名で、世界的な中小企業も多い。

その 1 社が「オリオン機械」という社名の中堅企業である。主製品はエアードライヤーや業務用ヒーターさらには酪農機器で、その生産アイテムは数100 種類に及ぶ。そればかりか、当社が世界一のシェアを誇る商品も多々ある。

当社の創業は今から65 年前の1946 年(昭和21 年)現社長の大田氏の実父が下請会社としてスタートしている。しかしながら、「下請は永遠にやる経営ではない…」と自家商品づくりに取り組んだ。

その結果、創業後11 年目の1957 年(昭和32 年)、待望の自家商品を開発し、全国に販売している。当社が最初に手掛けた自家商品は、酪農市場向け商品である。より具体的にいえば、ミルクカーである。そして1959 年(昭和34 年)には牛乳用ユニットクーラー等も開発販売している。

以後も、まさに自家商品の開発の歴史と言って良いほど、新商品開発に注力している。

この結果、年々企業規模を拡大し、現在では、本社の社員数が、約600 名、国内外のグループ会社34 社を含めた社員総数は1,670 名と、今や須坂市の最大企業にまで成長発展している。

肝心のその業績もすこぶる高く、直近5 年間でみても、その売上高経常利益率は全て5%以上という高業績企業である。

当社のこれまでの成長発展の要因は多々あるが、その最大の要因は、創業して以来一貫して人本経営、つまり「社員第一主義経営」と「市場創造経営」を貫いてきたからである。

あえて言えば、当社のあくなき自家商品づくり・新商品づくりは、社員とその家族の命と生活を守るための活動であったと言える。

事実、当社の最大危機であった1964 年(昭和39 年)不況の折も、誰1 人としてリストラせず、ワークシェアリングや役員給料のカットなどにより乗り切っている。当社の経営には、リストラという言葉は存在しないのである。

当社が社員満足度を高めるため実施している諸施策は多々あるが、その1 つが、「社員満足度調査」である。この調査は年1 回実施されているもので、全社員が対象である。単に給料や処遇の満足・不満足を聞くのではなく、福利厚生や上司、企業の社会貢献、仕入先との関係性等についても意見を求めている。そしてその結果は、全て全社員にフィードバックしている。こうしたこともあり、当社の離職率は限りなくゼロに近い。

先日も当社を訪問した折、工場の隅から隅まで見させて頂いたが、現場で働く社員の愛社心、モチベーションの高さは直ぐに理解できた。

 

坂本光司教授への講演依頼はこちらから

一覧に戻る