経営能力のある”右腕”の役員(他人)と、現在他業種で働いている一人息子(親族)…。親の感情としては息子に継がせたいが、このような場合「どのように判断」すれば良いでしょうか?

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~18:00)

経営能力のある”右腕”の役員(他人)と、現在他業種で働いている一人息子(親族)…。親の感情としては息子に継がせたいが、このような場合「どのように判断」すれば良いでしょうか?

まず第一に検討すべきはご子息への承継です。

もちろん、他人に任せることが望ましくないということではありません。
ただ、他人に継がせた場合、普通に考えれば、自社株が将来、相続財産としてあなたから家族や一族に引き継がれることになり、資本と経営が分離した状態で経営を託すことになり、先々難しい問題をはらむことにつながります。したがって、ご子息がいらっしゃるのであれば、まずその可能性を検討してみるべきです。

そこで、お伝えしたいことは、後継社長に最も必要な要素は、経営者としての「執念と覚悟」だということです。これは、多くの承継事例を見てきた私たちの確信です。

長い社長人生には、山もあれば谷もあります。苦しみに直面してこれを乗り越えなければならないという究極のときに、“自分から進んでこの事業を受け継いだ”という「覚悟」は、本人を奮い立たせる最大の支えとなります。
ただ、最初からこのような覚悟が決まっている後継者はほとんどいないため、必ず教育の機会が必要です。

私どもが主催する「アタックス社長塾」では、一流の中堅中小企業社長との「徹底対話」というプログラムを組んでおりますが、これに参加したことによって“経営者スイッチ”が入り意識と行動がガラッと変化した後継者もいます。また、「後継者コーチング」メニューでは、専属コーチが伴走する仕組みを活用して著しく成長した後継者もいます。

一方、ご子息に全く継ぐ意思がない、意思はあるが資質が不十分で継がせられない、という場合は、経営能力のある役員に任せることも選択肢として十分ありうるでしょう。ただ、前述したとおり、現社長および親族が自社株を持ち続け、資本と経営を分離させる場合は、将来的に親族と新社長との間でトラブルが生じる可能性があります。

このようなリスクを背負わないためには、会社を受け継ぐ役員による「自社株買取り」が必要です。
しかし、この方法は個人の負担が大きく採用するのが難しいケースが多いのが現実です。このような場合の解決策として、MBO(現代版のれん分け)があります。

ここでの説明は省きますが、MBOは弊社が得意としているスキームですので、ご関心のある方はぜひお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ

経営相談このサービスについてもう少し詳しく話を聞きたい、あるいは、相談したいことがある、というお客様は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください(ご相談は初回無料)。 秘密保持に関する念書」を御社に差入れ後、ご相談を承ることも可能です。

会社説明会受付中