大学院に通いながら資格を取得

「早く資格を取得したかったから、周囲の協力を得ながら大学院に通いました」

(資格の学校TAC発行『TACNEWS』2016年9月号より転載)

実務と受験勉強を両立

税理士法人 潮上祐香里、嶋田伸夫

(写真左)潮上祐香里
岡山県出身。川崎医療福祉大学卒業/日本大学大学院修了。2010年9月入社。税理士有資格者。
1科目合格で入所し、働きながら2科目に合格。周囲の期待に早く応えたいと考え、働きながらの大学院進学を決意。2016年3月に大学院を修了し、税理士有資格者に。
●主な担当業務:税務申告書作成、税務・経営相談、資本政策。
 
(写真右)嶋田伸夫
東京都出身。東京経済大学卒業。2010年9月入社。税理士試験4科目合格。
3科目合格で入所し、働きながら1科目に合格。受験勉強と実務を両立して税理士試験合格をめざす。
●主な担当業務:法人月次税務監査、税務申告書作成、組織再編。

嶋田 私は経営者と接する機会をたくさん持ち、税務コンサルティングをしたいと考えていました。ですので、アタックス入社の決め手は「社長の最良の相談相手」と全面に打ち出していたことです。これほど直接的な表現をしているところは他にありませんでした。

潮上 私は「地元岡山を元気にする」という大きな目標を掲げています。そんな中、地元の川崎医療福祉大学で医療法人経営やマネジメントを学んでいる時にコンサルタントのドキュメンタリーを見て「困った時に思い浮べてもらえる職業」に憧れたのがコンサルタントをめざしたきっかけです。後は嶋田さんと同じで、東京で開催されたTACの就職説明会に参加した時に「社長の最良の相談相手」を掲げるアタックスに惹かれました。

嶋田 潮上さんと私は2010年9月入社。この業界で同期は貴重ですよね。税理士試験の方は簿記論、財務諸表論、消費税法を持って入社し、入社後に法人税法に合格しています。

潮上 私は財務諸表論1科目だけで入社し、入社後に消費税法と簿記論に合格しました。嶋田さんは残り1科目ですね。

嶋田 そうなんです。実務と勉強のバランスは自分なりに取っているつもりですが、入社2〜3年の比較的勉強しやすい時期と違って、年数を経ると担当を任されたり自分主導の実務が増えて、どうしても勉強よりも実務優先の局面が増えてきます。と言っても決してバランスが取れない状況ではないので、後は自分次第かなと思っています。

潮上 私も2年目までは比較的時間があって2科目までいったのですが、2014年から大学院に入学してこの3月に修了しました。大学院に通う選択をしたのは、勉強している間ずっと先輩や上司、お客様から「合格するのを待ってるよ」と言われていたので、早く取ればその分早く恩返しができると考えたからです。早く外へ出て税理士として活躍したいという想いもありました。

「僕はあと1科目だから、実務と受験勉強を両立して税理士試験合格をめざします」

嶋田 潮上さんの方が私より先に税理士有資格者になりましたね。実務に専念できるのは羨ましいな。私は残り1科目を取るのが一番の近道だと思っています。アタックスは本試験直前に試験休暇を取ることにも理解がありますし、潮上さんのように大学院に通う人を全員がサポートしてくれます。受験勉強と実務が両立できる環境を周りが整えてくれるのは大きいですね。

自分が持つビジョンをめざして成長

税理士法人 潮上祐香里、嶋田伸夫

潮上 私は今年3月まで大学院に通っていたので、現在の担当は10社程度です。周囲の方たちにサポートしていただいてきましたが、今後はその分をお返しすべく、担当数は増えそうですね。

嶋田 私は規模の大小合わせて20社強担当しています。何10社もあるグループ会社は複数名で担当しますが、その他は自分がメインです。会社の規模も大小様々で幅広い業界の方と接する機会があって、入社時に描いていた「社長の最良の相談相手になりたい!」という自分のビジョンと実際に今やっていることがぶれていないなと感じています。

潮上 私も経営者と話ができて相談してもらえると、徐々に理想に近づいているのを実感しますね。

嶋田 最近規模の大きな企業をかなり任されるようになってきたので、業界業容問わず、売上10〜100億円規模のお客様まで幅広く対応できるコンサルタントをめざしたいと考えるようになりました。それがさらなる自分のレベルアップとモチベーションを維持する良いきっかけにもなっていますね。

潮上 嶋田さんは長いレンジで将来を考えているのですね。私は「中小企業を元気にイキイキさせたい」が目標なので、私が元気になることで社長が元気に、社長が元気になることで会社が元気になっていける関係性を結んでいきたいと考えています。そして最終的には地元である岡山を元気にしたい(笑)。

嶋田 じゃあ「支社を出すなら私を」ってことですね。

潮上 はい。代表で(笑)。

嶋田 また最近では、4月入社の新卒社員のOJT担当をしています。教えるには、一つ一つ言葉で伝えていかないと理解してもらえないので、説明の前に自分の理解を確認しています。これまで自分がやってきた業務を振り返る、良いきっかけになっています。

潮上 アタックスには結婚してもママになっても働ける、女性の働きやすい環境が整っています。男性と対等にバリバリ働きたい方もライフステージの変化に応じて働き方を選べます。ぜひ一緒に働きましょう!

嶋田 アタックス東京事務所はこの度移転・拡充しました。実務と受験勉強を両立し、成長したいと考えている方のご応募をお待ちしています。

 
※本記事は、資格の学校TAC発行『TACNEWS』2016年9月号(下記PDF)より転載しました。

『TACNEWS』2016年8月号記事

TAC NEWS掲載記事一覧へ

ページ上部へ戻る