成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

財務研修講座 知っておきたい財務キーワード⑧ 約定返済額とは?

      2020/03/20

経営に関わる方に絶対に知っておいていただきたい財務キーワードを解説します。

本日のキーワードは、「約定返済額」です。

返済に詰まると銀行から追い立てられることもありますので、こうならないためにも、押さえていただきたいワードです。

1.約定返済とは?

約定返済額とは、通常、
・毎月返済する借入金の額
を指します。毎月決まって返済しますので、いわゆる固定的な借入金、つまり長期の借入金の返済額のことになります。

毎月、決まった額のお金が出ていきますので、この金額は把握しておかないといけません。

2.借入金には2種類ある

借入金には、2種類あります。
・長期借入金
・短期借入金
です。長期と短期の境目は1年内に返済するかしないかの違いです。長期でも1年以内に返済する部分は、1年以内返済長期借入金、という科目で短期借入金と同じ扱いで貸借対照表に表示します。

さて、長期借入金をする目的は一般的には設備投資です。よって、その投資からきちんと返済原資となるキャッシュが確保できていないと資金繰りは苦しくなります。
これは、借入契約の約束(約定)によって、月々の返済額が決まっています。
これを約定返済額といいます。

また、短期借入金をする目的は一般には運転資金です。商品を購入するとか、得意先からすぐに回収できない場合にその間の経費を賄うためのものです。
これは、1年返済の短期借入契約や手形による借入の形式で調達しますが、黒字であり債務超過でなければ、銀行も返済されるよりも貸付をし続けたいため、返済期限が来ると、契約書の1年更新したり、手形を差し替えるだけで、ずっと貸付し続けます。
よって、実質、毎月は返済しない借入金となります。このような借り換えができている状態では固定化しています。

とはいえ、借り換えできないと、一括で全額返済しなければなりません。
短期借入金でまかなう資金は、いわゆる運転資金といわれる部分です。
通常の商売で必要となる部分です。つまり設備投資以外の部分です。
具体的には、以下で求めます。
・受取手形+売掛金+在庫-支払手形-買掛金
この部分は、日常の商売が継続する限り、永遠に一定の資金が固定的に必要となります。
このため、実質的に固定できる短期借入金で調達します。
逆に、日常取引が縮小したり、なくなれば、一定必要資金も縮小したりなくなりますので、一括で返済したりします。
取引が拡大する局面で、この部分に約定返済を付けると、資金繰りは大変きつくなります。
(約定返済できれば、財務体質は強くなりますが、ビジネスチャンスを逃す可能性があります)

3.使途にあった調達を

設備投資は長期借入で、運転資金は短期借入で調達します。
長期借入は毎月返済しますので、キャッシュフロー計算書で明らかにされるフリーキャッシュフローで返済します。簡易的な目安としては利益+減価償却費で返済します。

短期借入は返済せずに借り換えを繰り返します。運転資金の増減に合わせて、新規で借りたり、返済したりします。
ここを混同すると資金繰りに影響しますので、自社の運転資金水準とキャッシュフローの水準を見ながら、調達の方法を決定することになります。
また、前回説明した「回転率」を改善すると、必要運転資金が減りますので、借入金に頼ることなく経営することができるようになります。
借金をゼロにする必要はありませんが、潤沢なキャッシュ残高を維持しつつ、それでも借金をいつでも返済できるような体質にするにはどうするかを、財務シミュレーションで確認してみるといいと思います。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 経営者、マネージャーのための財務管理講座