成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

財務研修講座 知っておきたい財務キーワード⑦ 回転率とは?

      2020/03/20

経営に関わる方に絶対に知っておいていただきたい財務キーワードを解説します。

本日のキーワードは、「回転率」です。

回転率も重要なキーワードです。回転率をよくするとキャッシュフローと利益の増大に貢献します。

1.計算式は?

計算式は、
・売上高÷売上債権(受取手形、売掛金)
・売上高÷在庫(商品、製品、原材料、仕掛品、半製品)
・売上高÷買入債務(買掛金、支払手形)
です。

売上債権、在庫、買入債務は期首と期末の平均をとりますが、期首の金額がないときは、期末の金額で大丈夫です。

意味合いは、売上債権回転率が12回の場合、
・現金化までに1か月かかっている
というイメージです。
今月の売上高を翌月に振り込んでもらう感じです。現代は一部の小売店やIT、サブスク以外のビジネスではほぼ掛けで商売しますので、12回が目指すべき回転率になります。

これが、6回だと、
・現金化までに2か月かかっている
となります。
このため、この回転率は
・数値が大きいほど良い
となります。

2.なぜ重要なのか?

売上債権や在庫はそのまま滞留させるのではなく、すぐにキャッシュして再投資(次の商売)をしたほうがビジネスチャンスが広がります。
滞留しているとキャッシュがなかなか増えませんので、経費を支払うために、借入をすることにもつながります。借金が増えるとリスクが高まります。
※どうせ借金するなら、借金した分をそのまま預金にして、天変地異などの突発的なことに備えたほうがいいと思いますし、このような借金はしっかりすべきだと思います。

買入債務回転率も数字が大きいほうがいいと思います。
・12回だと毎月支払う、6回だと2か月まとめて支払う
ので、資金的には6回のほうが助かるのではないか?
と思われるかもしれませんが、支払が悪いと、サプライヤーが付き合ってくれなくなるリスクが高くなると思います。

前回、ROAについて解説しましたが、ここで、ROAがなぜ重要だったのか思い出していただければと思います。

それは、
・ROAは事業そのものである
からでした。

それでは、ROAを高めるにはどうしたらいいでしょうか?

ROAは次のように分解されます。

ROA=売上高利益率×総資産回転率

売上高利益率か総資産回転率を高めればいいわけです。

売上高利益率はみなさんお馴染みだと思います。損益計算書の売上高と利益の比率です。
では、総資産回転率とはなんでしょうか?

それは。
・売上高÷総資産
です。

こちらはあまり馴染みがないかもしれません。しかし、とても重要なキーワードです。
厳密にはちょっと違いますが、リードタイムのようなものです。

回転率が1なら、
・年間の売上高を上げるために365日かかっている
という感じです。

回転率が2なら、
・年間の売上高を上げるために183日で済んでいる
という感じです。

逆に言えば、半分の投資で、同じ売上高を確保できるほど、効率的であるということになります。
どちらがいいかは一目瞭然です。

総資産ですから、固定資産も含めてのリードタイムです。
総資産の部分を、売掛金や在庫、固定資産など資産の種類別に区分して計算すると、よりリアリティーがあると思います。

リードタイムは短い方が経営的にはプラスです。
たとえば、
・短い時間で製造販売できれば、その分、販売数量が稼げますので、売上高はアップします。
・特に製造では、1日でも製造が遅れると、その分、コストがかさみ、利益率が悪化します。
・回収や製造を早くできれば、その分の運転資金が節約でき、借金を減らすことができます。

このように、リードタイムはとても重要です。
リードタイムが短くなると、回転率が上がります。
回転率が上がると、ROAが上がります。上記のようなメリットが効いて、ビジネスがうまく回るからです。

リートタイムは意識されていると思いますが、合わせて、回転率もチェックされるといいとおもいます。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 経営者、マネージャーのための財務管理講座