成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

財務研修講座 知っておきたい財務キーワード⑥ ROAとは?

      2020/03/20

経営に関わる方に絶対に知っておいていただきたい財務キーワードを解説します。

本日のキーワードは、「ROA」です。

個人的には、最も知っておいていただきたいキーワードです。ビジネスそのものを表すキーワードです。

1.計算式は?

計算式は以下です。
・利益÷総資産
実にシンプルです。

利益には、当期利益や経常利益などを入れますが、まずは最終的な利益である当期利益でいいと思います。
総資産は期首と期末の平均値を入れます。平均がなければ期末の金額でもいいです。

意味するものは、
・ビジネスの利回り
です。

ビジネスも投資の一種です。
投資には、銀行に預金する、国債を買う、株式を買う、不動産を買う、金を買う、仮想通過を買うなどいろいろありますが、うまくいけば、投資した金額以上になって回収できます。
ビジネスも同じ活動ですね。
この増えた部分が、上記計算式でいう利益で、もともとの投資額が総資産です。

2.なぜROAが重要なのか?

突然ですが、財務から見た場合、事業とはなんでしょうか?

答えはいろいろ出ると思いますが、一般には以下のように定義されています。
・出資を集い、それを元手に投資し、元手よりも多くの額を回収し、元手と回収の差額(儲け)を出資者や事業家など関係者で分け合う行為

最初の株式会社は、1602年に設立された東インド会社と言われていますが、東インド会社は、それより以前、1500年代から本格的に始まった大航海時代ビジネスがどんどん発展した結果としての産物です。
当時の航海ビジネスはシンプルで、図解すると、以下のようになります。

昔の話ですので、出資者は王様だったりしますが、これら出資で船や商品を買い付け、販売し、儲けを分け合うという1回限りのビジネスですね。
現代企業は1回きりでは解散しませんので、この期間の長さの違いはありますが、基本的には、同じ構造と言えます。船が工場やビルに代わったこと、まあそれをずっと使うことが違いでしょうか。

ROAとは、この図解そのものです。この図の場合、ROAは以下になります。
・ROA=(20÷100)×100=20%

100はもともとの出資額、20は配当を含むトータルの儲けです。ROAは、
・儲けと元手の割合
のことで、財務的に表現すると、
・リターンオンアセット
となります。リターンは儲け、アセットは資産です。図の場合、資産の額=元手の額となっています。
このパーセントは、高ければ儲かっていることを表しています。高ければ高いほどいいということになります。

上述のとおり、ビジネスは、
・元手を投資して、儲ける
ことにありますので、ROAが高いとビジネスがうまくいっていることになり、低いとうまくいっていないことになります。
つまり、ROAはビジネスそのものを表す、最も重要な分析キーワードであるということです。

ROAは、銀行預金、株式投資、不動産投資などビジネスよりリスクが低い投資の利回りよりも高くなければなりません。
なぜなら、ビジネスはこれら投資行為よりもリスクが高いからです(ハイリスクならハイリターンを)。
ROAがこれらよりも低ければ、ビジネスをやめて、元手を銀行に預けたほうがいいね、となります。

皆さんのビジネスは、海外の銀行預金利率より高いROAを実現できているでしょうか(日本はマイナス金利で参考になりませんので)?
5%以上は目指して目標設定していただければと思います。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 経営者、マネージャーのための財務管理講座