成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

財務研修講座 知っておきたい財務キーワード② 有利子負債倍率とは? 

      2020/03/20

経営に関わる方に絶対に知っておいていただきたい財務キーワードを解説します。

本日のキーワードは、「有利子負債倍率」です。

1.計算式は?

有利子負債倍率は、以下の計算式で求められます。
・銀行から借入金÷年間の簡易キャッシュフロー(当期利益+減価償却費)

有利子負債の定義は、
・利息支払いを伴う負債
で、借入金や社債などが含まれます。一般的な中小企業は銀行借入金のみの場合が多いので、簡単に銀行借入と覚えていただいてよろしいかと思います。

意味合いとしては、
・毎年のキャッシュフローで借金を完済するのに何年かかるか?
となります。

当期利益+減価償却費は、その会社のキャッシュフローを簡易的に図る指標です。

当期利益は最終的にはキャッシュとして回収されるものですし、減価償却費は過去に支出した固定資産を数年間に分けて費用にするもので、実際にはキャッシュアウトしていませんので、費用として当期利益を押し下げていた減価償却費を足し戻すことで、当期利益をキャッシュベースに補正することができます。
いずれも損益計算書から拾うことができるものです。

企業経営はずっと継続するものですので、
・借入金を完済する
必要性はありませんが、自社の体力(この場合は、年間の簡易キャッシュフローの水準)に比べて、あまりに大きな借入をしてしまうと、その返済に日々追われてしまい、正常な企業運営ができなくなってしまいます。

このため、自社の体力と比較して合理的な借入金残高を意識しておくことで企業の安定性は高まります。
この目安となる財務キーワードが「有利子負債倍率」です。

2.目安は?

一般に有利子負債倍率は何倍が目安となるでしょうか?

それは、
・10倍
です。

10倍の意味は、
・完済するまで10年かかる
というものです。

もちろん、毎年の簡易キャッシュフローは利益水準が増減することで増減しますので、経営としては、ここ数年の簡易キャッシュフローの傾向や今後のキャッシュフローの見通しをもって、倍率を計算するといいと思います。

なお、金融機関もこの倍率をチェックしています。
金融機関も黒字の会社には貸付をしたいのが本音ですが、あまりに貸し込んでしまうとその会社の体力を超えてしまい返済してもらえなくリスクが高まります。
理想的には、安定的に事業運営を継続してもらうことにありますので、体力と借入金残高のバランスを重視しています。

よって、有利子負債倍率が10を超えると、銀行にもよるでしょうけど、普通は、
・これ以上、貸し付けると危ないかも・・・。
と態度が慎重になります。つまり、これまでのようには借り入れが難しくなることがあります。

なお、「銀行からの借入金」の定義は、銀行によって異なることがあります。
貸借対照表の右側に書かれている借入金総額から、貸借対照表の左側に書かれている現預金残高をマイナスする銀行、現預金残高と運転資金をマイナスする銀行などいろいろです。
なお、運転資金とは、
・売掛金+受取手形+在庫-買掛金-支払手形
のことです。
これらの財産分を借入金総額からマイナスしたものを
・実質借入金
などといったりします。

有利子負債倍率を10年以内にするには、
・利益をしっかり確保してキャッシュフローレベルを上げる
・借入金総額を適正額に保つ
・運転資金を高速回転させて借入金に頼らない経営を目指す
ことがその手段となります。

いずれにしても、有利子負債倍率を計算し、現在の数値がどうなっているか確認されるといいと思います。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 経営者、マネージャーのための財務管理講座