成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

財務研修講座 決算書のシミュレーションをしよう①~シミュレーションの準備~

      2020/03/20

決算書が読めるようになると、次の段階はシミュレーションになります。

決算書を読むというのは、あくまで過去の業績について検討していることになりますが、シミレーションは未来の決算を予測して、早めに手を打とうというものになります。
目線が、過去から未来へと移ります。

このシリーズでは、基礎的なスキルを説明します。基礎的の意味は「成り行き」という意味です。
経営は意思をもって行うものですから、成り行きではよろしくありません。
しかし、基礎的なテクニックを学ぶにはまずは成り行きで行うのが簡単です。
成り行きでできるようになってから、それに意思やアクションプランを入れて、目指したい未来の決算書をシミュレーションします。
この時には、経営戦略やアクションプランがセットで出来上がっていることになります。これが高度なシミュレーションです。

このシリーズを基礎ステップにより高度なレベルにステップアップしていただければと思います。

1.基本手順

シミュレーションは、以下の手順で行います。
あくまで基礎的なシミュレーションです。
①前年損益計算書の売上高と前年貸借対照表の売掛金、在庫、買掛金の比率を計算する
②損益計算書計画を作成する
③①と②で貸借対照表計画を作成する
④キャッシュフロー計算書計画を作成する

では、順に説明していきます。

2.売掛金、在庫、買掛金の比率を計算する

販売単価や商品構成など商売の内容を一定とすれば、売上が増えれば、売掛金、在庫、買掛金は増え、減れば減ります。
在庫でいえば、売上高が増えるということは、販売数量が増えることになります。よって、在庫購入数量がその分だけ増え、結果、金額も増加します
よって、売上高の計画が決まれば、その計画額に売掛金、在庫、買掛金の売上高比率を掛け算すれば、計画残高が計算できます。
例を挙げて説明します。

(問題)
①予想売上高は前年度の1.2倍の1,200,000とします。
②予想の売掛金、在庫、買掛金の金額は?

(回答)
①売上高売掛金比率は、前年売上高1,000,000に対して、前年末売掛金残高200,000ですので20%です。同じように、在庫比率は50%、買掛金比率は30%です。
②次に、来期の売上高を予想します。今期の1.2倍の1,200,000を計画した場合、来期の売掛金予想額は、来期計画売上高1,200,000×売掛金比率20%=240,000となります。同様に、在庫は1,200,000×50%=600,000、買掛金は、1,200,000×30%=360,000です。

売上高伸び率(この場合は1.2倍)を売掛金、在庫、買掛金の前期末残高に掛け算すればいいじゃないかと思われると思いますが(計算結果は同じ)、そうしない理由があります。

売上高売掛金比率・売上高在庫比率・売上高買掛金比率は、経営努力で変えることができるからです。
つまり、シミュレーションをする際のパラメーターになるわけです。
パラメーターとは、その値を変化させると、結果が変わるという要素で、例えば、経営努力によって在庫を減らすということであれば、在庫比率は30%になるかもしれません。

となると、来期の在庫は、1,200,000×30%=360,000となり、現在予想値の600,000から240,000削減することができます。在庫が減るとその分キャッシュは増えます。
逆に言えば、来期はキャッシュを240,000増加させたいと思えば、在庫管理を徹底して、在庫比率30%目指して頑張ればいいわけです(在庫以外の要素は一定として)。
また、これら比率を同業他社と比較することで、他社との優劣を判断できます。他社より在庫比率が高い場合、つまり他社に比べて在庫過多の場合、(戦略的な意図がある場合を除き)在庫管理上、まだまだ改善できる余地がある可能性があるということになります。

次回は、ステップ2の損益計算書のシミュレーションを説明します。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 経営者、マネージャーのための財務管理講座