成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

財務研修講座 決算書が読めて活用できるようになるシリーズ⑨ 三つの決算書の関係性を理解しよう 

      2020/03/20

これまで、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書を個別に解説してきました。

ここで、各決算書の関係性について説明したいと思います。

財務三表の関係性を理解すると、財務管理のレベルはぐっと上げることができます。

例えば、以下のことができるようになります。
・分析の範囲が会社全体にまで広がる
・決算書のシミュレーションができるようになる

どうでしょう?いずれも魅力的ですよね。

三表は下記の図のような関係になっています。
・去年の貸借対照表と今年の貸借対照表をつなぐのが、今年の損益計算書
・貸借対照表と損益計算書からキャッシュフロー計算書が作成される。

この図はとても大切です。
ビジネスの財務的な目的(本質)は、
・キャッシュを増やすこと
にあります。

キャッシュフロー計算書を見れば、
・キャッシュが増えたか減ったかの原因は何だったのか?
が分かりますが、この三表の関係でより理解が深まります。

この図を見ると、キャッシュを増やすのは、黒字を出すことだけではないことが良くわかります。
貸借対照表の左側である資産を適切に管理することでもキャッシュが生まれることが分かります。

回収条件を早めるとか、回収条件のいいお客様に積極的に営業をかけて拡販するなどすることで、売掛金を減らすことができれば、キャッシュは増加します。

在庫も今ではあたりまえになりましたが、POSで売れ筋管理を徹底したり、カンバンで後工程に引き取りに行くことなどにより、在庫総額を減らすことができれば、キャッシュは増加します。

逆に言えば、黒字を出しても貸借対照表が適切に管理できていないと、キャッシュが減ってしまうということもあるわけです。

資産は、必ずキャッシュとして回収し、再投資しなければなりません。キャッシュに変わる(戻ると言ったほうが適切ですが)スピードが速ければ速いほど、財務的には安全です。

財務管理においては、各決算書をしっかり分析することも大切ですが、加えて、三表の関係性を理解し、キャッシュをどのようにして増やすか?に挑むことが大切です。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 経営者、マネージャーのための財務管理講座