成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

財務研修講座 決算書が読めて活用できるようになるシリーズ⑥ 仕訳に慣れよう(1)

      2020/03/20

仕訳は決算書を作成するファーストステップとなるものです。

仕訳にはパターンがありますので、代表的なものに慣れてしまえば、それ以降はあまり悩むことはないと思います。
仕訳に慣れると、決算書をチェックしている際に、「?」という部分が発見しやすくなりますし、また、突っ込んだ質問をしやすくもなります。

ということで、代表的な仕訳をご紹介しますので、慣れていただければと思います。

(1)100万円の給与を銀行振り込みで支払った。
→(借方)給与 100万円/(貸方)銀行預金 100万円
左側に給与が来ます。給与は費用なので発生すると左側に置かれます。費用の逆の概念の収入は発生すると右側に置かれます。費用を取り消す場合は右側に置かれ、収入を取り消す場合は左側に置かれます。
預金は、資産なので、左側に置かれます。貸借対照表を見ると資産は左側に、負債と資本(元手と利益)は右側になっていますので、預金が増えると左側に、減ると右側に置かれます。
上記の例では、預金が減っているので、右側にきます。

まとめると以下です。
①資産
・増えると左側、減ると右側
③負債、資本
・増えると右側、減ると左側
③費用
・発生すると左側、取り消すと右側
④収入
・発生すると右側、取り消すと左側

まずは、この配置のルールをざっと覚えると理解が早いと思います。

(2)銀行預金が500万円増えた。その理由は商品を売り上げて代金をいただいたからである。
→(借方)銀行預金 500万円/(借方)売上高 500万円
・預金は試算なので、増えると左側というルールです。今回は増えましたので、左側に来ます。売上高は収入なので発生すると右側というルールに沿って右側に配置されます。

(3)銀行預金が300万円減った。その理由は商品を仕入れて代金を支払ったからである。
→(借方)仕入高 300万円/(貸方)銀行預金 300万円
・銀行預金は資産ですので、増えると左側、減ると右側でした。今回は減っていますので右側です。仕入高は費用ですので、発生すると左側でした。今回は発生していますので左側です。

(4)電気代100万円を振り込みで支払って銀行預金が減った。
→(借方)水道光熱費 100万円/(貸方)銀行預金 100万円

電気代の場合は、「水道光熱費」という勘定科目で仕訳します。
その他、よくある費用としては、以下の→の勘定科目で処理します。
(事務所での)
・お客様の接待費 →接待交際費
・事務所の家賃 → 地代家賃
・社員旅行代金など福利に関する費用 →福利厚生費
・社会保険料の会社負担分 →法定福利費
・コピー機などのリース料 →リース料
・コピー用紙や文房具 →事務用品費
・借入金の利息 →支払利息

(工場での)
・材料の購入代 →材料費
・外注先への支払 →外注費
・工場の水道電気代 →水道光熱費
・グリスなど生産設備に使用するもの →工場消耗品費
・工場の修理代 →修繕費
・工場の家賃 →地代家賃
・工場設備等のリース料 →リース料

(5)工場の機械を300万円で購入し振り込みで支払った。
→(借方)機械設備 300万円/(貸方)銀行預金 300万円
・機械も資産ですので、増えると左側です。

(6)40万円の税金を振り込みで納付した。
→(借方)法人税等 40万円/(貸方)銀行預金 40万円
・税金は費用ですので、左側です。

まずは、以下のルールを覚えてしまうといいと思います。
①資産
・増えると左側、減ると右側
③負債、資本
・増えると右側、減ると左側
③費用
・発生すると左側、取り消すと右側
④収入
・発生すると右側、取り消すと左側

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 経営者、マネージャーのための財務管理講座