成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

財務研修講座 決算書が読めて活用できるようになるシリーズ② 貸借対照表を眺めてみよう

      2020/03/20

本シリーズは、ビジネスマンに必要なスキルとしてあげられる「財務」に関する記事を投稿します。
まったく財務を学んだことがない方を対象に、厳しいビジネス社会を生きるためのスキルアップに役立てていただくことを目的にしています。

今回は、貸借対照表という決算書を眺めていただきます。

1.貸借対照表をざっと見てみよう

前回は損益計算書を眺めていただきましたが、今回は貸借対照表です。

それでは、下記の貸借対照表を見て、ありのままに数字を追ってみてください。

【貸借対照表】

この会社は、このビジネスをするのに、総額で(      )円の資金を使っている。
その資金は、自己資金と他人からの借金(負債)で賄っており、その内訳は、自己資金が(      )円、他人からは借金(負債)は、(      )円となっている。
自己資金は返済の必要はないが、他人からの借金(負債)は、返済が必要な資金である。
また、調達した資金は、商品在庫などの流動資産に(      )円を使い、建物や設備などの固定資産に(      )円使っている。
建物や設備を多額に必要とするビジネス構造になっている。

■穴埋め回答■
この会社は、このビジネスをするのに、総額で5,255,000円の資金を使っている。
その資金は、自己資金と他人からの借金(負債)で賄っており、その内訳は、自己資金が3,010,000円、他人からは借金(負債)は、2,245,000円となっている。
自己資金は返済の必要はないが、他人からの借金(負債)は、返済が必要な資金である。
また、調達した資金は、商品在庫などの流動資産に750,000円を使い、建物や設備などの固定資産に4,505,000円使っている。
建物や設備を多額に必要とするビジネス構造になっている。

いかがでしょうか?
貸借対照表に何が表現されているかは、なんとなく掴んでいただけたかと思います。

ちなみに、貸借対照表は英語ではバランスシートと呼ばれます。
図でも明らかなように、資産=負債+資本となり、左側と右側は総額ベールでバランスします。左右対称になります。

では、貸借対照表には何が表現されているか?

それは、会社の
・財政状態
であり、また、会社の
・儲けるためのお金の使い方
が表現されています。

財政状態の視点で表現すると、この会社は、
・どんな財産がいくらあるか?また、どんな借金がいくらあるか?
となります。
財産は左側(資産)に表示され、借金は右側(負債)に表示されます。
資産と負債の差額は、自分の財産でそれは資本として右側に表現されます。
なお、資産<負債の場合、資本はマイナスになりますが、それでも右側に表示されます(マイナス金額で表示されます)。

儲けるためのお金の使い方の視点で表現すると、この会社は、
・ビジネスをするために、どんな資産に投資しているか?また、その原資は誰からどんな条件で調達したか?
となります。

どんな資産に投資しているか?は、資産の内容に表現されています。

ある会社は、工場に投資し儲けるパターンであれば、資産の内、「建物」という資産が大きな金額で表示されます。

ある会社は、在庫をたくさんを持つことでお客様に喜んでいただいて儲けるとなれば、その会社の資産には、「商品」や「製品」などが大きな金額になります。

会社の色が出る、というようなことですね。

負債にも会社の色がでます。銀行から調達する場合は、借入金という負債が大きくなりますし、仕入先からの仕入代金の支払いを待ってもらうことで調達する場合は、買掛金という負債が大きくなります。
銀行や仕入先に頼らずに自分のお金で事業する、という場合は、資本の金額が大きくなります。

このようなことから、貸借対照表の左側は資金の運用、右側は資金の調達方とされています。

それでは、資本、負債、資産、について、もう少し細かく見ていきたいと思います。

2.資本の部とは?

資本は右側にありますから、「調達」方法の一つの手段です。

調達は、他人からと自分自身での2つに分かれますが、資本の部に表現されるのは、自分自身の調達です。
創業時に自分で出したお金は「資本金」として表示されます。

その後、1年ごとに儲けが出ると、その儲けは「未処分利益」として資本金とは別の名称で表現されます。
毎年黒字なら、ここはどんどん増えていきます。

資本金は、創業時の金額のままであることが多いのですが、創業後に、自分自身や自分以外の方が、あなたの会社に投資したい、と申し出て、資本金を増やす行為をすると(これを増資といいます)、資本金が増えることになります。上場するような会社では、上場前に頻繁に増資が行われますね。

資本の部は、自分からの調達ですので、普通は、返済することはありません。借入金など他人からの調達の場合(負債の部)、契約に従って返済する必要がありますので、手元にお金がないと、返済できなくなり、債権者から追い立てられることになります。
よって、同じ調達でも、資本の部による調達のほうが安全です。

資本の分からの調達を充実させるには、
・他人から増資してもらう
・地道に毎年黒字を続ける
ことになります。
他人からの増資は、なかなか難しいので、毎年しっかり黒字を出して、資本の部を充実させることが要諦です。

3.負債の部とは?

調達のうち、他人からの調達が負債の部に表示されます。

厳密には、他人であっても株主として資本の部にお金を入れることもありますが、株主になった他人は、赤の他人ではありますが、経営的には自分と同等として扱われます。

負債は、相手や方法によって、買掛金、借入金などに分けられます。
買掛金は仕入先からの借金(広義の借金)、借入金は銀行からの借金です。
どちらも借金もゼロが理想的ですが、まずは、銀行からの借金を減らすことが肝要です。

また、将来に支払う退職金なども負債の部に表示されます。中小企業はこの退職金負債を計上していないことが多いため、本来の財政状態が表現されていないケースがあります。
将来支払う必要があるものは、ここにすべて計上するようにしましょう。

4.資産の部とは?

(1)ビジネスは利回りを追求するものである
資産の部は、どんな財産があるかを表示したものですが、それは、儲けるためにどんな資産に投資しているかを表すものでもあります。

ビジネスは、財務的には、
・調達して、投資して、投資額以上に回収して、その差額を関係者で分配する
活動です。
この、投資額以上に回収した金額と投資額(調達額)の比率が、利回りとなります。いわゆるROAですね。

このため、調達コストの低い調達を行い、利回りを大きくしてくれる資産に投資するのがポイントになります。

国債や株式に投資しても利回りはありますので、それ以上に苦労するビジネスでは、これら以上の利回り率を目指すことになります。
バブル期は郵便貯金などは6%くらいありましたので、ROAは10%くらいないと割が合いません。

(2)利回りを上げるためにはどうするか?
事業活動において、株式や不動産にあたる投資銘柄はなんでしょうか?
それは、在庫や工場、機械などに相当します。

在庫や工場が利益を生まないと利回りは得られません。
ですから、投資内容を厳選する必要がありますし、より高い利回りを得るためには、投資金額を少なく抑えること(必要なものを必要なだけ)も肝要です。
わけのわからない在庫や機械を購入して、遊んでいたりすると、利回りは上がりません。

資産の部が減ると、表裏一体の調達(負債と資本)も減らせます。
減った分は負債の返済に回ることができますので、借金は減っていきます。
例えば、資産の中には、売掛金がありますが、これは得意先に対する無利息無担保の貸付金です。
無担保無利息でお金を貸し付ける人は普通はいませんね。日本では多く見られる商慣行ですが、この常識を疑って、極力、売掛金を無くすようなことも考えたいところです。
売掛金が減れば、その分、借金を返済することができますので、財務的にも精神的にも安全です。

(3)資産は必ずキャッシュにして回収する
資産は現預金以外はキャッシュではありません。
しかし、大事なものはキャッシュです。
売掛金や在庫がいくらあってもそれがキャッシュにならないと、仕入をしたり借金を返済したりできませんので、何ともなりません。

売掛金は期日が来れば銀行に振り込まれ、キャッシュに変わります。
そのキャッシュは新たな在庫購入資金などに使われ、新しい商売が始まります。
しかし、期日が到来しても、振り込まれずに、いわゆる貸し倒れとなると、キャッシュを得られず、新しい商売につながりません。
在庫も、販売時期を逃して倉庫に眠ったままになっていたりすると、キャッシュに変わりません。
設備は、稼働しないと、キャッシュを生みません。
事業は継続します。キャッシュが必要です。
貸借対照表をしっかり管理することで、資産がキャッシュにならないリスクを減らすことができたり、キャッシュになるスピードを上げたりするなどができます。
となると、、新しい商売のためのキャッシュを得やすくなり、新しい商売ができれば、儲けを大きくすることができるようになります。

5.まとめ

ビジネスは財務的には、利回り追求です。
貸借対照表を突き詰めると、この利回り追求に沿って調達、投資活動ができているか、つまり、事業が事業の本質に沿って行えているか?を確認できる決算書です。
投資したものはキャッシュにして回収する。そして再投資したり返済したりする。これを常にチェックできるのが貸借対照表なのです。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 経営者、マネージャーのための財務管理講座