成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 会社清算時に在庫にかかる増値税は仕入税額控除できるか?

      2017/01/19

中国税務報に、「会社清算した際に在庫にかかる増値税を仕入税額控除できるか否か?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。

Q:会社清算した際に在庫にかかる増値税を仕入税額控除できるか?
A:状況に応じて適切な処理を行う(財税[2005]165号)。
 (1)在庫がある場合
  ①帳簿在庫>実際在庫
  ・販売計上漏れの場合、実際在庫を超過する在庫金額に17%の増値
   税率を乗じて追納する。
  ②帳簿在庫<実際在庫
  ・仕入計上漏れの場合、帳簿在庫を超過する在庫は返品する。
  ③帳簿在庫=実際在庫
  ・在庫にかかる仮払増値税は仕入税額控除に含めてはならない。
  ・なお仕入税額控除できていない増値税額の還付は受けられない。
 (2)在庫がなく、仕入税額控除できていない増値税が残っている場合
  原因として以下の3つが考えられるため、それぞれの状況に応じて
  以下の処理をする。
  ①原価>販売価格で、企業管理が稚拙であることが要因である場合
  ・資産処理損失として専門申告し、営業外支出で処理し仕入税額
   に振り替える。
  ②原価>販売価格で、市場の状況が要因である場合
  ・仕入税額控除できていない増値税額の還付は受けられない。
  ③販売記帳漏れであるが原価は計上している場合
  ・計上漏れ金額に係る増値税を追納する。

中国からの撤退する企業が増えていますが、撤退時には在庫などの資産処分が必要になります。在庫に係る増値税は、原則その在庫を販売し増値税を受け取ることがないと支払った増値税を控除することができません。在庫のまま会社清算する場合は、販売に係る仮受増値税がありませんので、仕入控除できないという理屈です。また、帳簿在庫と実際在庫の不一致がある場合も上記のようなルールがありますので日本と同様に厳しく在庫管理していただく必要があると思います。会社清算時の税務調査は厳しいですから、適切な処理にご留意ください。

 - 中国からの撤退(手続き・注意点等) , , ,