成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 在庫損失があるときは増値税に注意

      2019/02/21

中国上海税務局のウェイボーに在庫損失があった際の増値税の取り扱いについての解説がありましたのでご紹介します。

■税務調査事例
M社はアパレル販売会社である。定期的に実地棚卸を行い在庫管理をしているが、このたびの棚卸で帳簿在庫との不一致14,000元余りを発見した。経理課員は、この不一致を盗難によるものとし、管理費用として経費処理して申告を行った。その後、税務調査で税務調査員から「この14,000元余りにかかる増値税は仕入税額控除できない。貴社は仕入税額控除しているため、増値税の過少申告である。2,500元を追加納税すべき」との指摘を受けた。

■解説
非正常損失にかかる増値税は仕入税額控除できないので、申告時にはこれを加算して申告しなければならない。
増値税暫定条例第10条に以下の規定がある。
・下記項目の仕入税額は、売上税額から控除できない。
①増値税非課税項目、増値税免税項目、集団福利あるいは個人消費に使用される物品購入あるいは課税役務。
②正常でない損失を被った購入物品および関連課税役務。
③正常でない損失を被った仕掛品・完成品に使用された購入物品あるいは課税役務。
④国務院の財政、税務所管部門が規定する納税者の自家用消費財。
⑤本条①から④に規定する物品の運輸費用および免税物品販売のための運送費用。
また、上記の正常でない損失とは、増値税暫定条例実施細則第24条で管理不足から引き起こされる盗難、紛失、カビによる変質とされている。

在庫損失そのものが販売機会の喪失であり大きな金銭的な打撃ですが、加えて増値税も負担しないといけないため、ダブルパンチです。在庫管理制度は経営の根幹ですので、適切な制度を構築してください。

 - 増値税改正などのニュース , , , ,