成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国増値税ニュース 小規模納税者の免税規定に関するQ&A(2)

      2019/02/26

中国国家税務総局のウェイボーに「増値税の小規模納税者の免税規定に関するQ&A」がありましたので、ご紹介します。

小規模納税者の範囲が拡大されたことで免税を享受できる企業が増えています。
こちらの記事を参照してください。
小規模納税人を対象とした増値税免税政策

その実務的な解釈について当局にはさまざまな質問が寄せられています。
先日に引き続いての記事です。

Q:免税規定は月10万元を超えないとなっているが、販売額が1月は5万元、2月が11万元、3月が12万元のケースでは、この場合、毎月申告だと1月は10万元を超えていないので免税、2月、3月は超えているので納税となるが、四半期納税の場合、合計が28万元なので30万元を超えず、3か月分すべて免税となるのか?

A:質問のケースのように、納税方法によって、有利不利がある。質問のケースでは、納税人は四半期納税を選択したほうが有利である。
このため、公告では、小規模納税人は自らの経営の状況を鑑み、納税方法を選ぶことができるとされている(毎月か四半期か)。しかし、一度選択した方法は一会計年度内においては変更することはできない。

月販売額が10万元を超えない企業は免税規定が享受できますが、納税方法によって有利不利が出るケースはどうするかのQ&Aです。
先は見通せませんので、完全に有利か不利かはその時にならないとわかりませんが、売上が安定している企業であれば、予測して納税時期を戦略的に選択されたらよろしいかと思います。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたら下記から内容を記入して送信してください。

 

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 増値税改正などのニュース