成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 臨時採用者に報酬を支払った場合、発票を受け取る必要があるか?

      2019/02/21

国家税務総局のウェイボーに臨時プログラマーに報酬を支払った場合、発票を受け取る必要があるか?についてのQ&Aがありましたので、ご紹介します。

Q:臨時にプログラマーを雇い、報酬を払った場合、発票を受け取らなければならないか?
A:損金算入に際しては、発票が必要である。根拠法規は以下である。
(1)発票管理弁法第19条
商品販売、サービス影響など経営活動に従事する企業や個人が外部で経営業務を提供し、代金を収受した場合、受領者は、支払者に対して発票を発行しなければならない。特殊な状況では、受領者が発行してもよい。
(2)交通運輸業および一部の現代サービス業を対象に、営業税から増値税への徴税変更試験地点の通知(財税2013年106号)
納税サービスとは、有償サービス提供を指す。非営業活動中のサービス提供は納税サービスには含めない。有償とは、貨幣、貨物或いはその他経済的利益を取得するものを指す。非営業活動とは、①非企業性単位が法規に従って、国家行政管理と公共サービスを履行し、政府性基金或いは行政事業報酬を収受する活動、及び単位或いは個人事業者が従業員を雇用しその従業員が単位或いは個人事業者のために納税サービスを提供する活動、を指す。

よって、単位内部の従業員が企業のために労働を提供することは納税行為に含まれないが、企業が専門者を雇用することは独立した労働を受領することにあたり、企業の損金算入の証憑とするために、当該専門者は税務機関に代理発票発行依頼をしなければならない。

中国では損金算入には、従業員給与など上記のような例外を除き、発票が必要ですので、漏れなく取得してください。また、書き間違いがあると、正式な発票として認められませんので、注意してください。参考記事:中国 書き間違えの増値税発票を受け取ると税金を多く払うことになる

 - 増値税改正などのニュース , , ,