成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国発票ニュース 発票にハンコを押す場合、どの発票にハンコを押さないといけないか?

      2019/02/21

中国北京税務局のウェイボー「発票はどこに押印すればいいのか?」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

発票は、お金をもらった側(=販売側)が発行する領収書のようなものです。
会社で発行しますので、ハンコが入りますね。
ただ、発票は、複写式になっていて、発行の場合、自社で保管するもの、相手に渡すものなどがあります。
ということで、ハンコを押すのはいいのですが、全部に押印しないといけないのでしょうか?

Q:発票の存根联や记账联は押印しなければならないか?
A:《発票管理弁法実施細則》に以下の規定がある。
・企業や個人が発票を発行する際、番号順に発行しなければならず、また記載すべき事項を完全に記載し、かつその内容は真実である必要があり、複写すべての発票に印字し、複写発票のそれぞれの内容は完全に一致していなければならない。
また、一連の発票のうち、发票联と抵扣联は発票印を押印しなければならない。

ということで、存根联や记账联には押印しなくていい、ということになります。

この法律にあるように、ほかに发票联と抵扣联と呼ばれる部分と複写で一つの発票を構成することになります。
・发票联は、相手に渡し、相手が保管、記帳のために使うもの
・抵扣联は、相手に渡し、相手が仕入税額控除用に使用するもの
・存根联は、自社で発行した発票を管理するために使うもの
・记账联は、自社が保管し、記帳するために使うもの
という役割になっています。
保管期間は5年で、破棄するときは税務局の確認が必要です。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 増値税改正などのニュース