成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 材料購入と同時に運賃も負担したら増値税はどうなるか?

      2019/02/21

中国中華会計電子税務学校のウェイボーに「材料購入と同時に運賃も負担したら増値税はどうなるか?」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

Q:材料を購入した際に、運送代も当社が負担して支払った。仕入先から発票を入手したが、発票では、材料費と運賃が同時に記載され、合計額の17%として増値税が計算されていた。これは正しい計算か?また、当社は17%について仕入税額控除できるか?
A:材料貨物販売と同時に運送責任を持つ場合、混合販売行為に該当する(財税「2016」36号附件1)。このようなケースでは、運送費も貨物販売サービスとみなして、増値税を納税する。よって、17%の運賃は合法であり、仕入税額控除できる。

運送費に対する税率は11%(交通運輸業務)ですが、混合販売として扱われると貨物に対する税率17%が課税されるようです。このような発票を受け取っても合法とのことですので、参考になさってください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 増値税改正などのニュース ,