成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 違約金と発票の関係って?

      2019/02/21

中国税務報のウェイボーに「違約金と発票」の解説がQ&Aがありましたので、ご紹介します。
違約金の性質によって、発行する発票が異なるという少し専門的な解説ですが、損金算入して税金をセーブするのに必要な話題かと思います。

例:B社はA社に商品を発注した。商品の引き取りは、A社が賃貸している外部商品倉庫へB社が引き取りにいくという方法である。

Q:上記のケースで、B社が引き取りに行くタイミングが予定より遅れて、A社が余分な保管料を負担した場合、B社がA社に対して、余分な保管料の補填として違約金を支払ったら発票はどうなるか?
A:このケースでは、増値税暫定条例実施細則第12条に列記される「価格外費用」とされるため、違約金を受け取ったA社は発票を発行し、B社は、それを証憑として、損金算入する。

Q:上記のケースで、A社が外部商品倉庫に商品を納入するのが、遅れてしまい、B社が望むタイミングで、商品を仕入れることができなくなり、これに対して、A社がB社に違約金を支払った場合はどうなるか?
A:違約金を受け取ったB社は、発票を発行できない。B社はただの商品の買手であり、A社に対してなんらサービス提供をしていない。よって、この種の違約金は、商品代金の値引きとして扱われる。よって、A社がB社に対して、赤字発票を発行し、A社はそれを証憑としてその値引き分は収入から控除する。

処理の分かれ道は、「サービス提供側か受領側か」でしょうか。
サービス受領者(B社)のミスでサービス提供者(A社)に違約金を支払うケースはサービス提供者(A社)が発票を発行、サービス提供者(A社)がそのミスで違約金を支払う場合は赤字発票、という解釈のようです。
なお、実際に処理するケースがあれば、顧問税理士に処理方法を確認し、対応ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 増値税改正などのニュース ,