成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 増値税「支店が受領した増値税発票を本社で経費処理できるか?」

      2019/02/21

上海国家税務総局のウェイボーに増値税発票に関するQ&Aがありましたので、ご紹介します。

Q:
A公司は、総公司が北京にあり、他の省に分公司があります。このような状況で、分公司が取得した発票を総公司は記帳できるでしょうか(経費で落とせるでしょうか)?
※総公司は日本に例えれば本社、分公司は日本に例えれば支店のようなもので、日本における本社と支店の関係と同様に、総公司と分公司は法人格としては一つです。

A:
記帳できない(経費で落とせない)。総公司や分公司が取得した発票はそれぞれで記帳する必要があります。以下、周辺法規です。

①《税務登記管理弁法》第2条規定
外地で設立された分支機構は、《税収征管法》及び《実施規則》に従って、税務登記をしなければならない。
※外地とは、行政区が異なる地域というような意味です。
※分支機構は、支店のような意味です。

②《発票管理弁法》第19条規定
販売商品、サービス提供などの経営活動を行う組織や個人は、代金を受領したら、代金の支払いをした者に対して発票を発行しなければならない。

③《発票管理弁法》第20条規定
発票を受け取った者は、受け取った際に、品名や金額の変更を要求してはならない。

④《発票管理弁法》第21条規定
規定に合致しない発票は、財務帳票とし扱ってはならず、受取人は受領を拒否することができる。

外地で設立された分支機構は、独立した納税人であるため、総公司と合わせて一つの法人として納税することはできません。税務登記した単独の納税人として納税する必要があります。

発票制度は日本人にとってはなじみのない制度ですので、上記記事が参考になればと思います

 - 増値税改正などのニュース , , ,