成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 买一赠一などの販売促進方法別の増値税の処理

      2019/02/21

中国寧波国税局のウェイボーに「买一赠一などの販売促進行為における増値税の処理」に関するQ&Aがありましたのでご紹介します。
小売店でも买一赠一などのポップがありますし、ネットショッピングでは日常的な販売促進になっています。
ネット販売されている企業も多いと思いますのでご確認ください。

①「买一赠一」の場合
・これは「一つ購入したら一つおまけで差し上げます」の販促方法を指すが、この方法はパッケージ販売行為とされ、买一の価格に赠一の価格が含まれていると解釈される。よって、みなし販売行為とはされず、赠一にかかる仕入の増値税が「転出」され仕入税額控除から除外される。仕入税額控除の調整のみを行う。

②「满多少减多少」の場合
・これは「1,000元購入したら100元値引き」などの販促方法を指すが、この方法は、実質値引き行為とされる。この場合、販売価格から値引額を控除した純額を基礎として受取増値税を計算できるかについては、発行する発票中に販売額と値引額を同一発票の”金額”欄に区分して明記する必要がある。

③「积分换购礼物」の場合
・これは「ポイントと商品を交換する」という販促方法を指すが、この方法は「みなし販売」行為とされる。

ややこしいですね。ネット販売ではいろいろな販売促進をされると思います。上記以外の販促方法をされる際には、開始前に税務の取り扱いがどうなるのかを確認されると、タックスリスクは軽減できると思います。

 - 増値税改正などのニュース , , , ,