成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 増値税専用発票の認証手続きを省略できる企業とは?

      2019/02/21

中国国家税務総局のウェイボーに「増値税専用発票の認証手続きを省略できる企業とは?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。
以前は、発票を入手したら、スキャンなどしてデータを税務機関に送り、発行側から税務機関に吸い上げられたデータと照合し、一致すれば、「本物」とされ、証憑として認められていましたが、この認証手続きをする必要がない企業があります。

Q:増値税専用発票の認証手続きを省略できる企業とは?
A:納税信用A級納税人、納税信用B級納税人は販売方が増値税発票システムバージョンアップ版を使用して発行した増値税専用発票を取得した場合、スキャナー認証手続きをする必要はない。

Q:では、発票を取得したらすぐに税額控除できるのか?
A:そうではない。認証が必要ない納税人が増値税発票を取得したら、増値税発票審査プラットフォームに登録する必要があり、そのシステムで、対応する控除情報を取得し、その後、「確認」のボタンを押すプロセスを実行しなければならない。この確認情報が、自動的に税務機関に転送された後、控除できる。この「確認」という作業は従来の「スキャナー認証」と同じ効果があるものである。

手続きが変わっていますので、システムも変わっていると思いますので、税務機関とも相談しながら間違いなく「確認」をしてください。

 - 増値税改正などのニュース ,