成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 増値税専用発票の未認証が発生する要因と対策

      2019/02/21

中国国家税務総局のウェイボーに「増値税専用発票の未認証が発生する要因と対策」がありましたのでご紹介します。
未認証が発生する要因は様々ですが、適切に処理しないと追徴や罰金のリスクがありますのでご注意ください。

①帳簿外処理
・一部の企業は所得隠しをするため、売上高と仕入高のバランスを整えようとする。売上を隠した場合、仕入も隠す必要があるため、発票を認証しないケースがある。税務調査により相応の法的処罰を受ける。
②紛失
・財務担当社員が紛失責任を逃れるため、認証手続きをしないケース。このような場合、税務局で関連処理する。
③不可抗力
・地震などの自然災害で財務担当者が死亡するなどで認証できないケース。このような場合、税務局で関連処理する。
④紛争
・発票発行者が発行したが、トラブルから交付しないケース。このような場合、税務局で関連処理する。
⑤納税人としての違い
・現在は一般納税人であるが、一般納税人となる以前に取得した増値税専用発票は税額控除できない。このような場合、増値税普通発票の発行を依頼する。
⑥免税貨物購入時
・免税貨物にも関わらず、増値税専用発票を取得した場合、税額控除できない。このような場合、まず認証し、その後、仕入税額控除科目からの振り替えを行い、税額控除額から除外する。

簿外処理などはもってのほかですが、②や④などはあり得ます。財務担当社員が認証を失念するケースもあります。顧問税理士などに購入履歴と発票の取得及び認証の履歴をチェックしてもらうと効果があります。

 - 増値税改正などのニュース