成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 名称を間違えて発行した発票は赤字発票を発行しないといけないか?

      2019/02/21

中国国家税務総局のホームページに「名称を間違えて発行した発票を相手方が受け取り拒否した場合、赤字発票を発行しないといけないか?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。どんな時に赤字発票を発行しなければならないかを確認ください。

Q:相手先名称を間違えて発行した発票を相手方が受け取り拒否した場合、赤字発票を発行しないといけないか?
A:赤字発票を発行する必要はなく、当該発票を廃棄することで足りる。相手方の会社名称の書き損じは、国家税務総局<増値税専用発票使用規定>の通知(国税発[2006]156号)第20条に定めのある「廃棄してもよい条件」に該当するので、廃棄することができる。
(1)返還された発票綴り、控除綴りで販売方の発行月を超過していないもの
(2)販売方が未記帳や税務署に報告していないもの
(3)購入方が税務局承認をまだしておらず、あるいは結果が”納税人識別番号が不一致”、”専用伝票番号が不一致”とされたもの

なお、上記の廃棄条件に合致しない場合には、発票の認証期限内に増値税発票システムバージョンアップ版の《情報表》に記載し、赤字発票を発行する必要があります。

 - 増値税改正などのニュース ,