成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 ネットが故障している時に発票を発行した際の注意点は?

      2019/02/21

中国広州市国家税務局のウェイボーに「ネットが故障している時に発票を発行した際の注意点は?」に関するQ&Aがありましたのでご紹介します。
発票発行データはオンラインで税務局へ転送され管理されますが、ネットが不調などではそれができません。このため、発票を発行できないことになると、事業に支障が出るため(特に飲食店など)、オフライン状態でも発行が求められています。そのオフライン状態で発行した発票のその後の処理に関する注意点です。

Q:ネットが故障している時に発票を発行した際の注意点は?
A:国家税務総局2015年第19号公告第三条第三款に以下の規定がある。
(3)納税人がネット故障等の原因で発票を発行できない場合、税務機関が設定したオフラインでの発票発行時間内(広東省では120時間)とオフライン発票発行限度額の範囲内で発票を発行することができる。納税人が翌月までにオフライン状態の時に発行した発票データを転送していない場合は、発票を発行することができない。納税人はネット上で発票データを送信後に発行できるが、もしネットが故障している場合、専用設備を携帯し税務機関で納税を実行したのち発票を発行できる。

 - 増値税改正などのニュース ,