成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 間違った発票の典型的ケース(3) 虚偽発行など 

      2019/02/21

中国国家税務総局のホームページに「間違った発票の典型的なケース」について解説がありましたのでご紹介します。第三弾です。

《ケース⑤》虚偽の発行
・記載内容が虚偽であるケース。たとえば、まだ業務が発生していないにもかかわらず発行するとか、業務は発生したが発行内容と実際の業務が不一致であるなどである。これは第三者が代理発行することで発生するものである。
《ケース⑥》偽物
・発票そのものが偽物というケース。偽物を見抜くのが難しい場合には当地の税務局で確認すべきである。
誤発票③
《ケース⑦》いわゆる「飛票」
増値税専用伝票は3枚綴りであり、各綴りに記載された内容は一致しなければならないが、一枚目と二枚目の金額などが異なる場合を、俗に「飛票」といい、これは無効である。

中国税務、中国子会社管理の基礎知識を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、
「中国税務、中国子会社管理の基礎知識」を
まとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

中国税務、中国子会社管理の基礎知識を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、「中国税務、中国子会社管理の基礎知識」をまとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

 - 増値税改正などのニュース ,