成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国減税ニュース 最近の減税法案をまとめてみました。

      2019/02/21

中国では最近、相次いで減税が打ち出されています。
中国に出張すると景気が落ち込んでいるようには思えませんが、国際貿易を取り巻く環境変化に対する事前策なのかもしれません。

主な減税政策をご紹介します。
中国に進出している企業や、輸出している日本企業も多いと思いますので、今後の戦略検討の参考になればと思います。

①増値税率の引き下げ
増値税は日本の消費税のような税金です。
中国ではモノの売買にかかる増値税率は17%でした。これが16%に減税されています。たった、1%ではありますが、負担する個人消費者にとってはプラスになります。
増値税が減税されます

②アニメ業界の増値税減税が継続
ソフト産業育成のため、この業界はもともと増値税が優遇されていましたが、その法律が2017年末で期限切れとなり、継続するかどうか注目されていました。
結局継続となり、増値税3%分が即時還付されます。知的財産権についても、法律上は保護強化の方向で進んでいます。
アニメ業界の増値税減税が継続、遡って適用可能に

③物流企業の土地使用税や車両取得税の軽減
企業の物流コストを下げるため、物流企業が負担する税金を軽減します。
土地使用税が半減、車輛取得税も半減です。いずれも期間限定の政策です。
また、省境にある高速道路の料金所を廃止する政策もスタートします。中国で操業する日系企業にとって物流コストが下がるのはプラスとなりそうです。
中国はネットショッピングが盛んですので、物流コスト削減は効果がありそうです。
物流企業に対する減税政策、物流コストにプラス

④企業所得税における社員教育費の損金算入限度額のアップ
中国では、社員教育費は全額が損金算入できるわけではありません。
上限があり、これまでは人件費総額の2.5%が限度額でした。これが8%にまで引き上げられます。
減税効果と同時に社員育成面でも好影響になりますので、一石二鳥です。
社員教育費の損金算入限度が拡充されます

⑤設備や器具の即時償却
単価500万元以下の設備や器具が即時償却できるようになります。
500万元超えは、条件を満たせば加速償却ができます。設備投資が刺激されそうです。
今度は設備等の即時償却

⑥医薬品関連の関税率引き下げ
医療は重要な分野となっています。
産業育成の面だけでなく、人民の健康を守る面でも重要視されています。これらのことから、抗がん剤などの一部の医薬品の関税がゼロになります。
該当品を日本から中国に輸出している企業には有利ですね。
薬業界に朗報、抗がん薬などに対する関税率がゼロへ

⑦自動車関連部品の関税率引き下げ
自動車関連の関税も引き下げです。
218品目が対象です。例えば、関税率20%の135品目が15%に引き下げられます。
自動車及び関連部品の輸入関税率が引き下げ、218品目が対象に

人件費は上がっていますが、タックスコストなど他のコストは下がりそうですね。
悲観論も多い中国経済ですが、しっかり対応していければ、ビジネスチャンスはありそうです。情報を早くキャッチし、自社への影響を見定めることがポイントになりますね。

法律がどんどん変わりますので、対応が遅れて、チャンスロスやペナルティーを受けることのないよう、キャッチアップしていただければと思います。
下記サービスをご利用ください、

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 税務一般・税関に関するニュース