成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国税関ニュース 税関による企業格付けに新法律 等級が低いと通関が困難になるかもしれません。1/3

      2019/02/21

中国税関総署のホームページに「税関企業信用管理弁法」が発布されていましたので、抜粋してご紹介します。
2014年10月8日に発布された海关总署令第225号公布的《中华人民共和国海关企业信用管理暂行办法》に代わる法律です。
2018年5月1日からスタートです。

記事が長くなりますので、3回に分けて投稿します。

税関は企業を格付けしています。
格付けされた等級に応じて、特に輸出入製品の検査の厳しさが異なるなどの差があります。
信用が高ければ、検査比率は低くなりますので、税関で止められて生産に支障がでる、などのリスクは軽減されます。

貿易をされている会社は、等級格付けの定義などの今一度確認ください。

原文は海关总署第237号令(关于公布《中华人民共和国海关企业信用管理办法》的令)で確認できます。

Q:企業はどのように分類されるのか?
A:企業信用状況に基づき、企業を認証企業、一般信用企業と信用喪失企業に認定する。そのうち、認証企業を高級認証企業及び一般認証企業にさらに分類する。

Q:信用喪失企業とはどんな企業か?
A:企業が以下の状況のいずれかに該当する場合、税関は信用喪失企業と認定する。
(一) 密輸犯罪或いは密輸行為がある場合
(二) 通関申告資格を有しない企業の1年以内の税関管理監督規定違反行為回数が、前年度の通関申告証明書、輸出入備案リスト、輸出入運輸出荷リスト等の関連証票総数の1000分の1 を超え、税関から受けた行政処罰累計金額が100万元を超える場合
通関企業の1 年以内の税関管理監督規定違反行為の回数が前年度の通関申告証明書、輸出入備案リスト、輸出入運輸出荷リストの総証票数の10,000 分の5 を超える場合、或いは税関から受けた行政処罰の累計金額が30万元を超える場合。
(三) 未払い税額、罰金没収額を滞納した場合
(四) 本弁法の第八条第一款第(二)項に該当し、税関に信用情報異常企業名録に載せられ、90日間を超える場合
(五) 税関或いはその他企業名義を借用して不当利益を得た場合
(六) 税関に真実の状況を隠し、或いは偽りの状況を提供し、企業信用管理に影響する場合
(七) 税関の調査への協力を拒み、且つその影響が重大な場合
(八) 刑事犯罪で国家信用喪失企業に載せられた場合
(九) 税関総署が規定するその他の状況
当年度に登記登録或いは届けた非通関企業、通関企業が、1年以内に税関管理監督規定に違反し、税関に処罰された金額がそれぞれ累計で100万元、30万元を超える場合、税関に信用喪失企業に認定される。

Q:一般信用企業とは?
A:企業が以下の状況のいずれかに該当する場合、税関は一般信用企業と認定する
(一) 初めて登録登記する企業
(二) 認証企業が『税関認証企業基準』に合致しなくなり、かつ本弁法第十二条の状況が発生していない場合
(三) 信用喪失企業管理の適用から満2年が経ち、かつ本弁法第十二条規定の状況が発生していない場合。

次回は、それぞれの等級の扱われ方について紹介します。信用喪失企業は厳しい扱いを受けますので注意してください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 税務一般・税関に関するニュース ,