成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 二つの異なる内容を一つの契約書にまとめた場合、印紙税はどうなるか?

      2019/02/21

中国国家税務総局のウェイボーに「二つの異なる内容を一つの契約書にまとめた場合、印紙税はどうなるか?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。
印紙税(中国語で「印花税」)は税務調査で指摘されやすい項目なので、注意してください。

Q:二つの異なる内容を一つの契約書にまとめた場合、印紙税はどうなるか?
A:金額が別々に記載されている場合は、それぞれ個別に印紙税を計算する。別々になっていない場合は、高い税率を以って税額を計算する。

日本でも印紙税の貼り漏れや税率間違いで否認されることがありますが、中国も同様です。大きな取引では契約金額が多額になりますので、税金計算間違いなどがないように、顧問税理士に確認するなどして、ダブルチェックを実施してください。当ブログでも印紙税の基礎についてまとめた記事が数回シリーズでありますので、そちらも参考にしてください(中国 印紙税講座(一)~多額の追徴課税に注意!)。検索窓で「印紙税」で検索してください。

メールマガジンのご案内

ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報などを配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報などを配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 税務一般・税関に関するニュース