成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 新代理記帳管理弁法 2016年5月1日から施行

      2019/02/21

中国で新たな法律が施行されます。中国に進出している企業の中には、当地子会社の経理記帳を専門会社にアウトソーシングしているところもあろうかと思います。今回の新法は、この記帳アウトソーシングを受託する会社に対する法律です。皆様には直接は関係ないかと思いますが、委託している会社が準拠すべき法律について確認しておかれるのも有効と思いますのでご紹介します。なお、旧法は2005年3月1日からすでに運用されています。今回はこの旧法の内容のうち4点が改定されたものです。

Q:「代理記帳管理弁法」が改定されるようだが、何が変わるのか?
A:変更は4点。内容は以下である。
①免許申請時の申請項目の削減。具体的には“固定的な事務所”と“健全な財務会計管理制度”が申請内容から外された。
②企業信用情報公示システムに定められた期限内に公示する
③参入しやすくするも管理は厳格にするため、当局の処罰権を強化する
④協会などによる活動でお互いに業界レベルの向上に尽力すること

ちなみに、免許を取得するには、①法に依り設立、①会計従事資格者の専門社員が最低3名、②責任者は会計士以上の技術資格保有者、④健全な代理記帳内部規範があること、があります。このような条件を満たしていない代理記帳会社は怪しいですので、壁に飾られている「営業許可証」は偽物かもしれません。ご注意ください。

 - 税務一般・税関に関するニュース