成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国法律ニュース 一人有限会社の株主責任 子会社債務について連帯責任を負わないといけないか?

      2018/03/02

中国広東省のウェイボーに「一人有限会社の株主責任」についてのQ&Aがありましたので、ご紹介します。

日系企業はその多くが日本親会社の100%子会社だと思います。つまり株主は一人ですが、そのようなは会社法で特別な規定があります。
このQ&Aは、株主が一人の有限会社の株主責任に関する規定です。

Q:一人有限会社の株主は、会社債務に対して連帯責任があるか?
A:会社法に以下の特別規定がある。
・一人有限会社の株主は、会社財産が株主財産から独立したものであることを証明できない場合、会社債務について連帯して責任を負う。

会社財産と株主財産の独立の証明というとなかなか難しそうです。

会社規定に従って落ち度なく経営した結果として経営不振に陥った場合は、連帯しても責任を負わなくてもいいような気もしますが、実際の会社清算の際には、日本親会社が貸付や増資などして、労働債務や買掛金を満額支払うことが多いようです(裁判所による破産を避ける意味もあるようです。破産は受け付けてもくれないことがありますが)。

となると、親会社に体力がないと清算もできないことになりかねませんので、ぎりぎりまで粘ることも大切ですが、引き際を見極めることも大切なポイントであると言えます。

いずれにしても手遅れにならないように、また、落ち度を指摘されて法的責任を問われてしまうことの無いように、子会社の「経営の見える化」はしておかれた方がいいと思います。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国子会社の経営管理強化 ,