成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国子会社の不正防止「子会社管理のポイント(その6)」

      2017/01/19

子会社を適切に管理するためには、中国会計税務の知識が必要です。ここでは、最低限知っておきたい知識を紹介したいと思います。
第6回目は「不正事例とその防止(その1:不正事例編)」です。

よく見かける不正事例を以下にあげます。
①購買
・身内の会社から他の仕入業者よりも高い値段で購入
・仕入業者からキックバックを受け取る
・仕入業者と示し合わせて数量をごまかし、横流し
・架空経費を計上。または、価値が低いサービスに不当な金額を支払い、着服
②販売
・回収金を着服
・得意先にキックバックを支払う
・得意先に廉価で販売し、キックバックをもらう
・数量をごまかし、得意先と横流しの利益をシェアする。
③在庫、製造
・盗難
・故意に不良品を製造し損害を与える
・スクラップを売却するも、実際売価よりも安く販売したことにし差額を着服
・スクラップ販売業者指名権を乱用し、キックバックをもらう
④その他
・公印の不当利用による不当契約の締結
・外部帳票を偽造(銀行残高表など)
・二重帳簿

以上はほんの一例ですが、何も中国だけで起こることではなく、日本でも起こりうる内容です。日本でも、預金の帳簿残高が実際の銀行残高と一致しているかをチェックする際に、銀行発行の残高証明書という書類を使用しますが、それを偽造して、着服を繰り返すなどの不正事例がありました。
外国子会社は距離的、言語的、文化的、商取引的な違いなど様々は違いがありますので、より注意が必要です。

不正防止の方法については次回の最終回でご紹介します。

中国税務、中国子会社管理の基礎知識を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、
「中国税務、中国子会社管理の基礎知識」を
まとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

中国税務、中国子会社管理の基礎知識を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、「中国税務、中国子会社管理の基礎知識」をまとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

 - 中国子会社の不正防止対策 , , , ,